60億円稼いだトム・クルーズに学ぶ、慰謝料を安く抑える方法

写真拡大

先日、アメリカの経済誌『フォーブス』が発表したのは、ハリウッド俳優の長者番付。最も稼いだ俳優はトム・クルーズ(49)で、その額なんと約60億円!
しかし、トムといえば現在離婚騒動のどまんなか。せっかく稼いでも慰謝料ですべてなくなってしまうのでは?
そんな心配をよそに、トムには慰謝料を安く抑える秘策があったのです!

長者番付No.1はトム・クルーズ!

アメリカの経済誌『フォーブス』(※1)が発表したところによると、2011年5月から2012年5月までもっとも稼いだハリウッド俳優はトム・クルーズ(49)。その金額は約60億円とのこと。2位のレオナルド・ディカプリオとアダム・サンドラーに倍以上の差をつけました。

しかし、私生活では妻で女優のケイティ・ホームズ(33)に三行半を突き付けられているトム。離婚の理由は、トムが愛娘のスリちゃんを自身が信仰する新興宗教に入団させようとしたからだとか。
きっと離婚の慰謝料もお高いんでしょう? せっかく稼いだ60億円危うし!

トムの必殺技「プレナップ」が発動!

これまで2度の離婚を繰り返してきたトム。ケイティとの離婚が成立すればこれで3度目の離婚です。

しかも、前回女優のニコール・キッドマンと離婚した際は、約90億円もの慰謝料を支払っているのです。せっかく60億も稼いだのに、また離婚で根こそぎ持っていかれてしまいそう……。

ところが、ケイティに支払う慰謝料はたったの(?)約12億円で済むと言われています。ニコールとの結婚生活が11年、ケイティとの結婚生活が5年だったことを考慮しても、12億は安すぎでは?

慰謝料を安く抑えられた理由は、「プレナップ」制度にありました。プレナップとは婚前契約を意味し、結婚する前にあらかじめ結婚生活や離婚について契約を交わすこと。

今回、トムとケイティが交わしていたプレナップは、「11年以上結婚生活が続いた場合にのみ、財産の半分を伴侶に分配する」というもの。そして「結婚生活1年につき約2億4000万円を受け渡す」ことになっていたので、今回の慰謝料は問答無用で12億というわけ。度重なる離婚でトムも学習したようです。

離婚のことならトムにお任せ

結婚する前から離婚のことについて決めておくなんて、ラブラブなムードをぶち壊してしまう気がしますが、きちんと「プレナップ」を交わしていたおかげでトムの稼ぎは守られたわけです。この「結婚テクニック(離婚テク?)」は、大いに見習うところがありそうです。

これからケイティと愛娘スリちゃんの親権を争うことになるわけですが、今回は離婚の理由が理由なだけに勝訴は厳しいかも。裁判が長引くとそれだけお金がかさみ、どっちにしろ稼ぎを失いそうですが……。がんばれ、トム!


◆あのポール・マッカートニーも…
海外では当たり前?ドロ沼離婚で損をしないための「婚前契約書」

関連商品

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]


(参考)
(※1)【Tom Cruise | Forbes】
http://www.forbes.com/profile/tom-cruise/ 

【Katie Holmes and Tom Cruise divorce: Katie emerges without wedding ring for first time | Mail Online】
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2167825/Katie-Holmes-Tom-Cruise-divorce-Katie-emerges-wedding-ring-time.html

Written by かーねこばーん
Photo by Michael Kelly - construct photographic