夏のボーナス平均額、過去最低の61万円 - 夫の小遣い「0円」が5割

写真拡大

損保ジャパンDIY生命保険は5日、サラリーマン世帯の主婦を対象に実施した「2012年夏のボーナスと家計の実態調査」の結果を発表した。

同調査は、6月8日〜13日の期間にインターネット上で行われ、20〜50代の主婦500名から有効回答を得た。

それによると、今夏の夫のボーナス平均手取り額は、昨夏より6万5,000円減少した61万1,000円で、2002年の調査開始以来最低を記録。

金額帯で最も多かったのは、「25〜50万円未満」の31.0%で、次の「50〜75万円未満」の27.0%と合わせると、”25〜75万円未満”が6割近くに上った。

以下、「25万円未満」が17.0%、「75〜100万円未満」が8.8%、「100〜125万円未満」が7.4%と続いた。

昨夏のボーナス額と比較したところ、「昨年と同額」がほぼ半数の46.6%、「増えた」が24.4%、「減った」が24.0%だった。

今回のボーナスの使い道トップは「預貯金」の72.8%で、昨年の68.7%と比べると4.1ポイント増加。

次いで、「生活費の補填」が38.2%、「ローンの支払い」が32.6%となり、”将来の備え”などに使う傾向が多いことが分かった。

一方、「国内旅行」(昨夏29.7%、今夏26.6%)や「家電製品の購入」(昨夏21.3%、今夏19.0%)など、消費に関する項目は昨夏より減少気味で、”消費の低迷”を裏付ける結果となった。

また、ボーナス総額に占める各用途別金額の内訳は、「預貯金」がほぼ4割の39.6%(24.2万円)を占めた。

今回のボーナスの中から、夫に小遣いとして渡した、あるいは渡そうと思っている金額を尋ねてみると、トップは「0円(渡さない)」で48.8%。

反対に、”渡した・渡そうと思っている”人の合計は51.2%”で、そのうち最も多かったのは「5万円未満」で20.0%だった。

平均金額は、全体では「5.5万円」、”渡した・渡そうと思っている”人では「10.8万円」となった。

次に、家計の現状について聞いたところ、59.8%が「苦しい」(「非常に苦しい」10.4%、「やや苦しい」49.4%)と回答。

今後の見通しについても、43.0%が「厳しくなっていく」(「大いに厳しくなっていく」12.6%、「やや厳しくなっていく」30.4%)と答えており、悲観的な見通しを持つ人が4割以上を占めた。

”夫に内緒の資産(へそくり)”があるかとの質問に対して、「ある」と答えた人は43.6%。

金額は、「100万円未満」が最多で26.1%、以下、「100〜200万円未満」が19.3%、「200〜300万円未満」が14.7%と続き、「1,000万円以上」も12.4%に上った。

資産の平均額は「384.3万円」、最高金額は「5,000万円」(1名)だった。