bottegaveneta_Nero Intrecciato Jersey Bag FNO 2012 High.jpgBOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)が今年の「Fashion's Night Out」の開催にあわせ、『エコフレンドリーなバッグ』を先行限定発売します。



(写真は、大変珍しいジャージー素材を使い腕利きの職人が編み上げたバッグ20万5800円 / 世界で限定100個先行販売


バッグは5月に発表された2013年クルーズコレクションで既に披露されており、秋には店頭に並ぶ予定ですが、「Fashion's Night Out」の開催を祝し、特別に100個のバッグを先行販売します。なお取扱いは世界各地にあるボッテガ・ヴェネタのブティックの一部店舗のみとなります(日本ではFashion's Night Outに参加するボッテガ・ヴェネタ 表参道店のみ)。
サステナブルな素材を使い、動物由来のものは一切使わず、また環境に配慮した染色方法や仕上げ方法を用いて作られたバッグ。長年愛され続けるボッテガ・ヴェネタのレザーグッズに備わる落ち着いた品の良さや、ブランドを象徴するディテールのデザインをしっかりと受け継いでいます。これらのバッグはヴィチェンツァにいるボッテガの職人たちが、他のプロダクトとまったく同じ基準に遵って手作業で作っています。ボッテガ・ヴェネタのエコフレンドリーなバッグには、2種類の貴重な新素材が使われています。一つは大変珍しいタイプのジャージーで、フランスで織ったものをイタリアで染色しています。軽く、光沢のあるこのジャージーをレザーと同じように扱い、補強した後、いくつも穴を開け、手で編みこんでいきます。このジャージーは強度が他の素材とはまったく異なるため、腕利きの職人しかバッグを作ることができません。完成したバッグにはシルクの内張りを付け、持ち手としてブルニートカラーのメタルチェーンを取り付けてあります。ジャージーのバッグは2種類のデザインがあり、カラーはネロ、シャドウ、アッピア、クリムの4種類です。
もう一つの素材は日本の和紙で、原料にはこうぞなどの若木の樹皮が使われています。和紙作りは日本で古くから行われてきましたが、紙から織物を作るようになったのは比較的最近のことです。ボッテガ・ヴェネタが求めるような、丈夫で耐久性のある和紙織物を作るのに必要な知識や経験を持つ職人は日本でもごく少数しかいません。こうして作られた和紙織物を裁断し、縁はあえて処理しないまま丁寧に編んでいきます。完成したバッグにはシルクの内張りを付け、ブラックの真鍮製の金具を取り付けて仕上げます。和紙のバッグも二種類のデザインがあり、カラーはどちらもネロのみとなっています。



bottegaveneta_Nero Intrecciato Jersey Bag FNO 2012 High.jpg
ボッテガ・ヴェネタらしい品の良さが醸し出されるサステナブルなバッグ
 20万5800円 / 世界で限定100個先行販売



 
「Fashion's Night Out」は雑誌「Vogue」がファッション・小売業界を支援する目的で主催している世界的なイベントで、回を追うごとに規模が大きくなっています。様々 なファッションスタイルが揃い、また多数の有名人が参加するこのパーティは今年で4回目を迎え、9月6日から世界中の都市で開催される予定です。 「Fashion's Night Out」の開催にあわせて先行販売するジャージー製のハンドバッグのデザインは1種類、カラーはネロのみで世界で合計100個を9月6日の夜より先着順で 販売致します。


 【問】ボッテガ・ヴェネタ  tel:0570-000-677
 URL:http://www.bottegaveneta.jp/

■関連記事
【岸田一郎おすすめ情報】ボッテガ・ヴェネタがイニシャルサービスを開始
【岸田一郎おすすめ情報】ボッテガ・ヴェネタが『ボッテガ・ヴェネタ オードパルファム』を発売!
【2011-2012秋冬新作情報】ボッテガ・ヴェネタからフリンジ付き「カバ」新作が登場