蜷川実花監督、沢尻エリカ主演の映画『へルタースケルター』

写真拡大 (全2枚)

いよいよ、蜷川実花監督、沢尻エリカ主演の映画『へルタースケルター』が14日公開される。
今回は、5日にジャパンプレミアが開催され公開まで様々なメディアでの露出が予想される本作の見どころを、ご紹介したい。

ストーリー


舞台は現代の東京。完璧な容姿とスタイルを持ち、若い女性たちから、羨望のまなざしを一身に受けるトップスター、りりこ(沢尻エリカ)。まさに芸能界の頂点に上り詰めているりりこだったが、彼女には大きな秘密があった。それは“全身整形”。彼女の美貌は全て作られたもの。何度も手術をしても後遺症に悩まされる彼女は精神的に追いつめられ、マネージャーの羽田(寺島しのぶ)に八つ当たりをしたり、羽田のボーイフレンドを寝取ったりとやりたい放題。さらに、りりこに代わる後輩モデル、超キュートなこずえ(水原希子)の登場により、ますます心身のバランスを崩してしまう。そんな彼女を待ち受けている未来とは……。


蜷川実花監督による極彩色エンターティメント


巷では、沢尻エリカの過激なベッドシーンなどが話題となっているが、注目すべきポイントは他にも沢山ある。

そもそも本作は今もなお絶大な人気を誇る漫画家、岡崎京子の同名コミックが原作。内容は強烈ながらもモノクロ&シンプルな線で描かれた“りりこの世界”を、映画『さくらん』で花魁の世界を極彩色で彩った蜷川実花監督が、ここでも艶やかで鮮烈な色使いで演出。その蜷川ワールドを完成させるべく、ユニクロ、ソニーなどのCF、国内外の雑誌やショーで活躍するスタイリスト、長瀬哲朗、ヘアメイクにはUA、椎名林檎、YUKIなど数々のミュージシャンのCDジャケットほか、国内外の雑誌やショーを手がける冨沢ノボル、UNDERCOVERを始め、数々のファッションブランド等とコラボレートしている美術ENZOらが集結。(ちなみに蜷川監督も多摩美出身、フォトグラファーとしての顔が最も有名、ご存じの通り生粋のアーティスト。AKB48の『ヘビーローテーション』PVの監督も)つまり、本作を通して“現在の東京アートシーン”を垣間見ることが出来ると言っていいかも。
オシャレ好きな女性なら、りりこが着こなすファッションや、彼女が暮らすインテリアは是非、注目を。

独特の個性を放つ、豪華なキャスト陣


ここに登場するキャストは、様々な作品で圧倒的な存在感を放ってきた個性&実力派俳優の方々。りりこの隠された正体に近づいていく検事、麻田に大森南朋、りりこのマネージャー役に寺島しのぶ、事務所の社長に桃井かおり、ゲイのヘアメイクに新井浩文、他にも、鈴木杏、寺島進、窪塚洋介、原田美枝子、哀川翔、綾野剛、水原希子と蒼々たる顔ぶれが並んでいる。
しかも、どの人物も独特の(&強烈!)個性を持った役柄なので誰が登場しても面白い、、、じゃなくて見応え十分。

特に著者的にはりりこのマネージャー羽田を演じた寺島しのぶに脱帽だった。原作の20代から30代に設定が変えられ、仕事も恋愛も崖っぷちのうだつの上がらない女を完璧に演じ切り、華やかで感情の起伏の激しいりりことのコントラストを際立たせていたのが、さすが。

蜷川監督が描きたかったもの


本作は監督が「へルタースケルター」の映画化を望んでから7年の年月がかかっている。そこまで待ってまでも手がけたいと思ったのは、女性の私が絶対撮るべきだ!と確信めいたものがあったからだという。モデルやアイドルとして消費されてゆく女の子達の姿を写真家として(監督が)見ていて、たとえ芸能関係でなくても“見られる”ことを意識しなければ生きていくことの難しい女性の感覚を、りりこを通じて代弁できるかも知れないと感じたのだそう。その“りりこ”を表現できるのは、これまでに喝采と罵声を浴び続けてきた沢尻エリカしかいないと、蜷川監督は彼女に主役をオファー。彼女もこの役を心から気に入り、リスペクトを持って本番に臨んだ。

相当な覚悟で挑んだ彼女の演技についてはご覧頂く方の心に委ねるとして、女性が観た場合、この“りりこ”にどこまで感情移入できるかによって感想も大きく異なりそうな気がした。女性ならおそらくほとんどの方が少しでも「美しく見られたい」と願うだろう。全身整形まではしなくとも、お化粧だってある意味、人工的に“美”に近づく行為。誰にも潜んでいる“りりこ”を女性たちがどう受け止めるのか、トップアイドルや女優&俳優達を撮り続け芸能界の光と闇を目の当たりにしてきた蜷川実花監督が見せる世界をどう感じるのか、公開後の反響に注目したい。
(mic)

『へルタースケルター』
監督:蜷川実花
キャスト:沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、綾野剛、水原希子、新井浩文、鈴木杏、寺島進、哀川翔、窪塚洋介、原田美枝子、桃井かおり 

7/5から始まるパルコのグランバザールと劇中のCMが連動するという斬新な試みも。

7/14から全国ロードショー