旧3000系特急車の引退記念、グッズ販売やシールラリー実施 - 京阪電気鉄道

写真拡大

京阪電気鉄道は21日より、旧3000系特急車(現在は8000系30番台に改番)の引退を記念した各種イベントやグッズ販売を行う。

第1弾として、同車両をデザインした記念乗車券やシールラリーなどを用意した。

記念乗車券の名称は「3000系特急車 最後の夏 京阪線1日乗車券」。

大人券・小児券ともに旧3000系特急車がデザインされる。

同乗車券の利用で、大津線を除く京阪線と男山ケーブルに1日乗降り自由に。

中之島駅、淀屋橋駅、天満橋駅、京橋駅、守口市駅、寝屋川市駅、香里園駅、枚方市駅、樟葉駅、中書島駅、丹波橋駅、祇園四条駅、三条駅、出町柳駅で発売され、価格は大人1,200円、小児600円。

発売期間は7月21日から9月2日まで。

同乗車券の購入者のうち先着1万名に専用ラリーシートもプレゼントされ、「旧3000系特急車 往年の停車駅めぐり シールラリー」に参加できる。

「ラリー駅」に選ばれたのは、かつて京阪間ノンストップ時代の特急停車駅でもあった淀屋橋駅、天満橋駅、京橋駅、祇園四条駅、三条駅と出町柳駅。

これらの駅で配布されるシールを集め、ラリーシートに貼ると、旧3000系特急車8両編成の側面デザインになるという。

すべてのシールを集めると、達成賞としてプレミアムカードが進呈される。

さらに、このラリーでゴールし、確認印の押されたシートを富山地方鉄道の立山駅、大井川鐵道のプラザロコ(新金谷駅下車すぐ)へ持参すると、先着各1,000名に特別バージョンのプレミアムカードを進呈。

立山駅では富山地方鉄道100030型、プラザロコでは大井川鐵道3000系(ともに旧3000系特急車と同型の車両)をデザインしたものが贈られる。

京阪電気鉄道では、記念グッズ「旧3000系特急車 想い出のヘッドマーク コースターセット」も発売。

I・IIの2種類あり、各2,000セット限定で、Iは21日より、IIは8月11日より販売開始となる。

Iは京阪特急の「鳩マーク」のほか、「京都地下線開通記念」「たそがれショウボート」「まいこ号」の計4種のコースターがセットに。

IIは「鳩マーク」と「鴨東線開通記念」「ミシガン」「比良」の計4種のコースターをセットにした。

旧3000系特急車の関連したイベントは、今後も随時開催される予定とのこと。