(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹操と袁紹、官渡の戦い
曹操は河北の雄である袁紹へ戦争を仕掛けます。単純な兵力からすれば袁紹の方が圧倒的に優位(曹操軍約10万、袁紹軍約70万)。

しかし、袁紹はその狭量な性格から有能な人材を自ら失う事もしばしば。以前の戦いでも顔良、文醜を曹操配下であった関羽に討たれた際、義兄弟の劉備を処刑しようとした事によって、
劉備と趙雲を失うという事態も発生しました。

そして今回も曹操の使者を捕らえ曹操軍の兵糧難に気付いた許攸の進言を袁紹は聞き入れず(許攸は若い頃の曹操と親交があったのも理由となっています)、結果的に許攸は曹操へと寝返る事になります。

※また同じ頃、帝からの勅命により劉備達は拠点である徐南から曹操不在の許昌へ進攻する戦略を立てます。
●曹操、許攸の進言によって烏巣を攻める!
曹操は許攸からの進言を受け袁紹軍の兵糧基地である烏巣を攻める事を決めます。

※このときの曹操軍は兵糧が殆ど無く、持久戦になれば壊滅する事は確実です。そのため曹操軍は兵糧難という窮地を脱する必要があったのです。

ここで郭嘉は残り少ない兵糧を兵士にふるまい、更に神々・竜々を袁紹へ密偵として出し、曹操軍の兵糧事情について嘘の情報(曹操軍の兵糧が豊富にあるという事)を流す事に成功します。

そして油断した袁紹軍は曹操軍に兵糧基地である烏巣を焼き払われ、袁紹軍は壊滅状態になってしまいます。
●劉備、許昌を攻めるも
曹操軍が袁紹軍を攻略中、劉備軍は許昌を攻めようとします。そこで曹操は短期間で許昌へ戻り劉備軍を迎え撃とうとします。

ここに出てきた曹操軍の許褚、張飛や趙雲との戦いに敗れ劉備軍を深追いさせます。

ところがこれは曹操の策略。劉備が留守にしている間の徐南を攻め落とされてしまいます。この結果、劉備は徐南を失い許昌も攻略出来ないため今回は負け戦となります。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト