”婚活以前”を学ぶ大学校、石川県が開催

写真拡大

石川県は今秋、婚活に挑む以前に学ぶべき異性とのコミュニケーションなどを教える講座「いしかわ婚活実践大学校」を開催する。

石川県の出資によって設立された「いしかわ子育て支援財団」では、2005年から登録ボランティアが結婚相手を探してくれたり、アドバイスをくれたりする「縁結びist」(エンムスビスト)を展開している。

これまで315組がゴールインしたという。

県と同財団ではこれまでもこのような婚活サポート事業を行ってきたが、最近よく見られる傾向として、参加者のコミュニケーション不足があげられるそうだ。

「異性とどのように接していいか分からない」「相手の気持ちが分からない」「お見合いイベントでどんな服装をしたらよいか分からない」などの理由から、なかなか婚活の成果があがらないケースが見られるのだという。

そこで県と同財団では、婚活をする前段階として、話し方や服装などコミュニケーションを学ぶ講座を開催。

すでに今年2月には、試験的に単発で婚活講座を実施した。

男女50人の定員が埋まり、好評を得たという。

秋の本開催に向けて、専門家を講師に招いたプログラムを企画中とのこと。

石川県少子化対策監室子ども政策担当の大畠秀信課長は、「行政がそこまでするかという声もあるが、結婚する意思があってもうまくいかない方に必要とされるのであれば今後も実施していく。

せっかく婚活事業があるのだから、その機会を生かせるよう応援したい」と話した。

さらに「それが晩婚化・少子化対策にもつながると思います」と成果に期待を寄せている。