スズキ、軽乗用車「アルト ECO-S エコブルーパッケージ」を発売

写真拡大

スズキは5日、軽乗用車「アルト エコ」の内外装に、アクセントとなる水色を採用した「アルト ECO-S エコブルーパッケージ」を発売した。

価格は99万5,000円。

アルト エコは、軽乗用車「アルト」の機能や装備、使い勝手はそのままに、ガソリン車トップクラスの低燃費30.2km/L(JC08モード走行)を達成。

「環境対応車普及促進税制」(エコカー減税)により自動車取得税と自動車重量税が免税となる。

今回発売されたアルト ECO-S エコブルーパッケージは、車体色に「スペリアホワイト」、カラードドアミラーやアウトサイドドアハンドル、オーディオパネル、シート表皮などには水色を採用。

白地に水色が映える配色により、アルト標準車との差別化を図ったとのこと。

エンジンは0.66L DOHC 吸排気VVT(水冷4サイクル直列3気筒)を搭載。

トランスミッションはCVTを採用し、駆動方式は2WD(FF)。

乗車定員は4名。