母親の腰痛の危険度がわかる!「イタみる 〜母の腰痛、骨折かも〜」開設

写真拡大

日本イーライリリーは、高齢の母親の腰痛の原因、危険度、骨折による日常生活への影響を知り、正しい診断・対応をサポートするウェブサイト「イタみる 〜母の腰痛、骨折かも〜」を開設した。

同サイトでは、高齢者の腰痛は骨折が原因の可能性があり、放置することで介護が必要な状態となる可能性があること、家族の負担増につながるリスクがあることを伝えている。

また、骨折によって生活が大きく変わってしまった患者による体験談や、腰痛の原因を診断してくれる医療機関の検索機能を備えている。

同サイトを監修した公益財団法人・骨粗鬆症財団理事長/国際骨粗鬆症財団理事の折茂肇氏は、「骨折は要介護の大きな原因のひとつですので、腰や背中に痛みを感じた時点で、骨折の有無を専門医に診断してもらうことが重要です。

本サイトは、高齢の母親が抱える腰痛の背後に、もしかしたら骨折が原因として潜んでおり、要介護になる可能性があることを、多くの方に気づいていただくことを目的に監修しました」とコメントしている。

同社は、「イタみる」サイトを通じて、腰痛に悩む方が一人でも多く痛みから解放され、周りの家族の負担も軽減されるよう、啓発活動を推進していくとしている。