夜間の撮影OK!防犯用にも使える、単三電池式無人撮影カメラ-上海問屋

写真拡大

世界中から商品を輸入するエバーグリーンは、7月2日より「単三乾電池式 無人撮影カメラ」を、直営通販サイトの「上海問屋」にて限定販売を開始した。

価格は19,999円。

同製品は、温度を感知する赤外線センサーを搭載。

センサーが働いたときだけカメラが作動し、記録することができる。

野生動物の撮影や大切な自動車などにイタズラされたときの証拠撮影、そのほか、防犯用など、さまざまな用途に使用可能だ。

単三乾電池8本で動作するため、外部電源を必要とせず、電源を確保できない場所にも設置できる。

また、2インチ液晶画面を搭載しており、その場で設定変更や記録したデータの再生を行うこともできる。

さらに、赤外線LEDを搭載しているので、夜間の撮影も可能。

動画、静止画のどちらも記録可能。

温度変化によりセンサーが働き、設定した記録モードで撮影が開始される。

動画、静止画ともに、次の撮影までのインターバルを0秒から60分の間で設定でき、調節できるのも特徴だ。

まったく撮影を行わない場合は、約3カ月から半年、センサーが動作するのを待機させることもできる。

水中での使用は不可。

上海問屋限定販売ページから購入できる。