「キッザニア東京」の「動物病院」パビリオンでリアルな獣医師体験を

写真拡大

プレミアムペットフード、および犬と猫の食事療法食のリーディングカンパニーであるロイヤルカナン ジャポンは、“こどもが主役の街” 「キッザニア東京」で出展しているパビリオン「動物病院」をリニューアルした。

同社の「動物病院」パビリオンでは、「動物の診察」「病気の動物の手術」「入院している動物の管理」の3つの仕事エリアの中から一つを選び、それぞれ獣医師、動物看護士として動物病院の仕事を体験することができる。

今回のリニューアルでは、そのうち、「動物の診察」の仕事エリアにおいて、動物個体識別のマイクロチップを装着するために訪れた犬の「健康診断」、病気が発見された犬の「適切な療法食の提案」、そして「動物個体認識マイクロチップの装着」を一環して体験することが可能になった。

より本格的な獣医師としての仕事を経験することができる。

参加する子どもたちは、3人1組となり、獣医師・動物看護士として犬の事前診察、病気が発見された犬の療法食の提案、マイクロチップの装着をそれぞれ担当する。

推奨年齢は3〜15歳、獣医師役は5歳から。

所要時間は約25分。

同社では、この新たなアクティビティを通じて、動物病院や獣医師・動物看護士をより身近に感じてもらうだけでなく、犬や猫の健康にとって食事の大切さや、動物と触れ合うことがとてもすばらしいことだということを体験してもらいたい、としている。

また、家族の一員であるペットを守るためにも、マイクロチップ装着の必要性を啓発していきたいという。