自分が好きなことを仕事というカタチにしているヒトたちを追う本連載。ITコンサルタントとして活躍するうちに、地域コミュニティ支援の醍醐味に気づいて独立した杉山隆志さんの後編です。

※前編(>>記事はこちら)


杉山隆志(すぎやま・たかし)●SIIIS社長

1966年、神奈川県生まれ。89年電気通信大学経営工学部卒、91年同大学院修士課程修了。同年アクセンチュア入社し、一貫して地方自治体のシステム構築のコンサルティングに従事する。その後、2001年デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)、06年フライトシステムコンサルティングを経て、11年SIIISを設立。同社代表取締役社長に就任。12年には「関心空間」事業の譲渡を受ける。そのほかにも、地域コミュニティのIT支援と教育を軸にしたNPO法人「AIP」の事業担当理事を兼任。佐賀県武雄市のFacebook化支援や市政アドバイザーに就任するなど、「地域から日本を変える!」をモットーに活動中。

>> SIIISのウェブサイト

柴田励司(しばた・れいじ)●インディゴ・ブルー代表取締役社長

1962年、東京都生まれ。85年上智大学文学部卒業後、京王プラザホテル入社。在蘭日本大使館、京王プラザホテル人事部を経て、世界最大の人事コンサルティング会社の日本法人である現マーサージャパン入社。2000年日本法人社長就任。その後、キャドセンター社長、デジタルハリウッド社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任して現職。

>>Indigo Blueのウェブサイト


■場所がないなら、つくってしまえ

――地方自治体の仕事を多く手がけた関係で、福岡の仕事をやるようになったということですが、杉山さんといえば、「大名なう」。これは福岡の町おこしのような意味合いがあるんですよね。

はい。小さなことでもいいから、自分たちは“これをやった”って言えるものができると、人は自信をもって、いろんなことを自分でできるようになるんじゃないかって思ったんです。そのきっかけをサポートできたら、と。

この「大名なう」ですが、報道などで知ると、ある日突然でてきたように感じるかもしれませんが、3年くらい前からお店の人や地元のITコミュニティと話し合いをしている土台があったんです。

「天神と大名をフリーwifi化しましょう」という話がこれより前にあって、fonと組んでやっていました。あれを仕掛けたのも僕たちなんですが、この取り組みや、ほかにもAIPというNPOでやっていたさまざまなコミュニティ支援が実になってきていた。そうなるとITコミュニティの人たちが、「福岡でも自分たちで何かできる」と思うようになってきて、これによってなにかやりたいっていう気持ちが高まってきていました。

そこまではいいんですが、この段階にくると今度は、「なになにがないから先に進まない」的な話が出てきたんですね。集まる場所がない!とか。

――「場所がないけんね」、みたいな(笑)。

そうそう。それなら集まる場所をつくってしまうことにしました。理由はいろいろあるでしょうが、その理由を全部解決して、「準備はすべて整いましたね。さ、はじめましょうか」と皆さまの退路を断ってしまおうという気持ちが、なかったとしたら嘘になるかもしれません(笑)。今でいうコワーキングスペースのはしりになるような仕組みをつくったんです。24時間、誰でも会議ができるようなスペースをタダで公開しました。そうすると自然発生的に、いろいろな方がここで打ち合わせをするようになるので、いろいろなものが生まれてきます。IT系のメンバーだけでなく、商店主の方、街で活躍されている方、などの交流が起こり、お互い協力してなにかできないかという話をしはじめてきたんです。

■ツイッター体験から生まれた「大名なう」

このあたりで、ツイッターが流行ってきていて、これならITが苦手な商店主の方もうまく参加してもらえるような仕掛けがつくれるのではないか、これを使って一丁、何かやってみよう、となった。もうその場所にたくさんの人が集まってきていたので新聞記者とコラボしたり。

――それはいつごろの話でしょうか。

3年前くらいです。ツイッターが流行ったっていう次の年の2月です。この体験を通じて、やっぱり構造と肝を捕まえて、その肝を変えるようなムーブメントがおきると、お金がなくとも地域や人の、動きや考え方、これは僕自身もですが、変わっていくんだなというのを実体験として学ぶことができました。

――「大名なう」というサービスをやりたかったというよりも、地元の人たちをなんとかしてあげたいと思う気持ちが先だったわけですね。たまたま「大名なう」だったんですね。

そうです。僕が成し遂げたい理想の一つの噴出先が「大名なう」だっただけ。

――今でも続いているんですか?

あの時に情報発信をしたほうがいいと思った人は今でも続けています。

加えて、街の人達が仕事している間、隣の人がどんな人でなにをしているかわかったというのがよかったですね。自分たちで自主的に結びついていろんなことをやりはじめた。僕は求心力になりたいわけではないので、構造ができて自律的にコトが動き始めればいいんです。

――そこで自分がなにかしたいというわけではないですからね。

ですです。僕がやらなくてもいいんです。僕が目立ちたいわけでも、中心に居座り続けたいわけではない。求めに応じて話すことはありますが、自分からこれをネタに講演を売り込むとかは、はずかしすぎてできませんし。

――杉山さんはいろんなものに関わっているんですけれど、それを勲章にしていないですよね。自分の功名とかそういうものとは全く違うところで動いている。話を聞けば聞くほど誰かに指示をされるようなサラリーマン的な動きはまったくしていないですよね。

いやいや(笑)、サラリーマンとしての仕事はずっとしていましたけれどね。

――してないとは言ってませんよ(笑)。

僕はかつて「仕事は仕事」だと思っていたんですよ。

――ふむ。その心は?

要するに仕事っていうのは「やらなくてはいけないもの」だから、きちんとしなくてはいけない、と。そこに自分の好きなものとかを入れるものではないのだと思っていたんです。若い頃は。当時はスーツを着て、真面目な提案をしていた。けっして嫌ではないけれども、好きを仕事にしているというわけではなかったですね。人のお手伝いをする、ということがやりたくて仕事にしたわけですから、もちろんやりがいはありましたけれどね。

――ずっと好きなことをやっていたのかと思った。

違うんです。かつては仕事をする昼の顔と、好きなことをする夜の顔をもっていた。「大名なう」前後から「好きなことを仕事にしていいんだ」というふうに変わってきたんです。

■「会社を一緒につくろう」で、心が動いた

実はその前にも1つ転機があって、それが1つ前の会社への入社です。

デロイト社に在籍しているとき、地方自治体の仕事で結果を出していたらやっぱり国から声がかかるようになってきた。すると、「国の仕事のほうがビジネスになるじゃないか、杉山!」と。地方自治体よりも国の仕事のほうがずっと割がいいことを同社の上層部が知ってしまったんです。

――おカネの話が前面に出てきた。

はい。「それは嫌なんですよ……」と。同じことを2回繰り返してしまった。これをもう1回繰り返したら馬鹿だなと思って次の行き先を考えるようになります。

そんなとき2社から声がかかります。外資系のC社と、フライトシステムコンサルティングです。フライトの社長は大学時代の友人の兄貴だった。それで辞めるならうちにこないか?と。そのときすでに実はC社には内定していて、地方自治体向けのエヴァンジェリスト活動をすることになっていたのですが、社長と話をして最終的にはフライトを選びました。

――C社を選んでいたら、また人生違いましたね。あー、入ってもすぐ辞めていたかな?(笑)

いやいや(笑)。そっちへ行っていたら、こんな恰好はしない、それまでの会社の延長線上の真面目なコンサルタントになっていたと思いますね。ハイタッチ営業して、論文っぽいもの書いてネクタイしめて「今後の自治体はこうあるべきです」なんて話していたと思います。

それはそれで悪くはない。けれどフライトの社長が僕を口説いた文句が「会社を一緒につくろう」だったんです。これは初めてだった。そこで条件を出して「好き放題させてくれるなら」と。

それで、今までやっていたような自治体のコンサルテーションの仕事は、自分としてはやることはやった感があったので、その中で自分なりに興味をもっと地域興しや、新しいサービスに関わりはじめたんです。ちょうどソーシャルネットワークが流行りはじめてきていて、いろんな人が情報発信する敷居が下がってきていた。これは一人ひとりのポテンシャルを高めるのに役に立つなと思った。それをつくってみようと思ったんです。これが転機です。

――フライトに入って杉山さんの自由な働き方が加速したんですね。

はい。C社に行っていたら、それまでの「仕事は仕事」のスタンスのままだったでしょう。やりたいことは業務後、夜の顔としてやっていたと思います。

前の話題と繋がりますけれど、「自分の好きを仕事にしていいんだ」と思えたのはデカいですよね。

■やりたいのは、人や街が変わることができる「仕掛けづくり」

――もともとこのコーナーは企画段階では名前が違ったんですけれど、お呼びするヒトたちのお話を聞いてコーナー名が変わったんです。「好きをカタチにする」人聞録って。

いや、意識して喋ったわけではないんですけれどね(笑)。

ただし、これを読む人には若い人も多いと思うので伝えておかなくてはならないのは、若い人には「まず目の前の仕事をできるようになれ」と言いたい。そうでないと「好き」をやってもその「好き」をカタチにできない。そうするとそれを世の中のせいにしてしまう。これは不幸です。

――杉山さんが好きをカタチにできるようになったのはアクセンチュアの下積みのおかげ、と。

そうです。アクセンチュアは、“できないんだったらうちの会社にいてくれなくっていいんだよ。やめていいんだよ”と、ある意味でとても優しい会社だったので、仕事の基礎体力はつきました。結論として、自分をストレッチできる人でないと、やりたいことなんかできないのだと思う。

――こういう企画を表面的に捉えると、間違った若者が増えてくるわけだ。

やりたいことをやるっていうのはすごく大事なんだけれど、そのために基礎体力が必要と言いたいですね。言われたことすらできない状態で自分のやりたいことなんて絶対できないぜ、と伝えたい。もちろん一部の天才的な人は違うのでしょうけど。僕のような普通の素養しか持っていない人であれば、素直な奴しか大成しないように思います。若い頃は「いいからやれ」を、素直にできる人でないとダメ。型がはまらないと応用問題はできない。「なんでやってるのか、わからない」なんていうことをいわずに、まずは、やる。それが普通にできるようになった頃になってはじめて「なんで」がわかるようになると思う。

――この対談を読んで自分もやってやろうという人が出てくる。それはこの企画の本意なのですが、その場合でも、まずは自分の「型」をつくってきてほしいということですね。

おっしゃるとおりです。本当に1つのことを真摯にできる覚悟があるのか自分に問いかける必要がある。楽しいことばかりではないですから。そうやって楽しくないこともして、柴田さんのおっしゃる自分なりの「型」ができてからでないと、好きをカタチにしようとしても基礎体力不足でうまくいかないことが多いのではないかと。

――昔から言われている「守破離」の話と一緒ですね。

ですね。僕も最近、講演を頼まれるとまさに「守破離」の話をしています。

――ところでツイッターを見ると最近よくタイにいるみたいですが、いったい何をやっているのですか。

ずっと福岡で町おこしをやってきたのを見て、佐賀県武雄市の樋渡市長が僕に興味をもってくれまして。全職員にツイッターIDを取らせて発言させようと思うんだけれど、一度会ってアドバイスをもらえないかとお声がかかりまして、お目にかかったところ意気投合しました。

その後、武雄市の仕掛けるIT関連のものがあるとまず一番に相談を受ける存在になっているんです。その中にタイと仕掛けるものがありまして、だからよくタイにいるんです。パキスタンにまで随行しました(笑)。

今、樋渡市長はフェイスブック市長と呼ばれていますが、武雄市はホームページをやめてすべてフェイスブックに変えています。それも樋渡市長ご自身がよくおっしゃっているのですが、まさに「丸投げ」されて(笑)、僕らでつくりました。

近頃はそれに加えて特産品を各自治体と連携して販売する仕掛けもつくっています。フェイスブックとひっかけてFB(Fun & Buy)。ここには近いうちに陸前高田も参加すると思います。この仕組みは被災地にも向いています。

――なるほど。 とうとう海外進出かと思いました。

いやいや(笑)。ただしソーシャルネット系の新しいサービスを今考えていて、これは特に日本で拘るつもりはなく、はじめから世界を見てつくる予定でいますので、その意味では海外進出を狙ってはいますけれども。

結局今僕がやりたいことって、人や街が変わることができる仕掛けづくりなんです。僕なんかが言うのはおこがましいですが、対談も最後ですので(笑)、あえて人にどう変わってほしいかを語るとすると、自分の頭で考える人に変わってほしい。「すべてのことは自分に帰着する」、今ここに自分が立っているのは自分が起こしたことの結果でしかない。自分が変えられるのは自分だけ。それをわかってもらいたい。そんなふうに街に住む一人ひとりが自分の頭で次の人生を考えることができるようになると街も変わっていく。街が変わっていくことを実感することで、自分もさらに変わっていく。そんな好循環が起こるような世の中の仕掛けづくりをやりたいんです。……ちょっと端折りすぎてうまくまとめられませんが(笑)。

――いいですねえ。それはずっと続けていきたい?

はい。自治体支援でも、サービス構築でも課題にしていきたいですね。

――本日はありがとうございました。


<柴田からの提言>

杉山さんのように枠にはまらない人にも下積み時代がありました。四の五の言わずに、言われた仕事をやる、しかも大量のそういう仕事をこなす。その時の経験が彼の言葉で言うところの基礎体力づくりとなっています。好きなことを自由奔放にやるには、それなりの基盤づくりが必要。このことを再認識させてくれますね。

次回は、番外編。ツイッターを始めた孫正義氏から3番目にフォローされたのがきっかけで、「ツイッター高校生」と呼ばれて一躍有名になった青年のお話です。