●決死の千里行

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、山奥の砦で時を待つ
義兄弟3人の再会を果たした劉備は張飛が作った山奥の砦でただ時を待ちます。気の短い張飛は待つのが苦手なようですが…。

そこに斥候に出ていた趙雲が戻り、彼は曹操と死んだ孫策の弟・孫権が和睦を結ぶ情報を伝えました。つまり曹操は実質的な権力者として無理に孫権を攻め落とすよりも(少なくとも表向きは)寛容な態度を示した方が世の中の印象が良くなると考えているようです。

ところが無学な張飛は劉備・関羽・趙雲の話が良く分かりません。そこで関羽に兵法を学ぼうとするも、やんわりと断られますが兵法書「孫氏の兵法」を読む事を勧められ、それから張飛は兵法の勉強をはじめます。
●張飛、淑玲に兵法書の意味を尋ねる!
兵法書を読み始めた張飛ですが、彼は書いてある意味が良く分かりません。しかしながら、劉備や趙雲に尋ねるのも恥ずかしいのか淑玲に意味を問います。

もちろん、彼女も兵法書に詳しいわけではありませんが張飛は何とか序文くらいの意味を理解して、劉備に「孫氏の兵法」を暗唱してみます。すると劉備は張飛を褒めて「孫氏の兵法書」をそのまま張飛に贈ります。

※ちなみにこの「孫氏の兵法書」は曹操が編集したもので、それを知った張飛は途中へ兵法の勉強をやめてしまいます。
●張飛、虎退治をして淑玲を救う!
ところがある日、淑玲が失踪してしまいます(虎に食べられたのでしょうか?)。しかも兵士から淑玲との密会をからかわれ、兵士を殴った張飛は劉備に叱られ砦を飛び出します。そして、山奥の酒場で深酒をします。

かなり酔った後、淑玲の仇とばかりに峠で虎を見付けた張飛はあっさり虎を退治します。

※なお淑玲は無事でした。
●神々、竜々がやってくるも
曹操配下の郭嘉の使いで神々、竜々は劉備の居場所を探しに行きます。張飛のうっかりミスのおかげで劉備達の居場所が曹操にばれてしまうことになりますが…。

しかし、劉備達が再び旗揚げをするので特に問題無しのようです。劉備は曹操軍が袁紹軍との戦いをしている間に許昌を攻めるという戦略のようですが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト