意外と知られていないKFCの「チキン感謝祭」 / フライドチキンを食べる際はニワトリへの感謝をお忘れなく!

写真拡大

2012年7月4日に、オリジナルチキン(フライドチキン)の食べ放題キャンペーンを開催し、現在話題になっている「ケンタッキーフライドチキン」(以下KFC)。

きっと7月4日、多くの人がKFCのおいしいチキンを食べていることだと思うが、その時にあることを忘れないで頂きたい。ニワトリたちへの感謝である。

こうやって私たち人間がおいしいチキンを食べられるのは、ニワトリたちがいてこそのもの。あるTwitterユーザーの方が写真で示しているように、KFCはそのニワトリたちへの感謝を忘れておらず、1974年から毎年「チキン感謝祭」というものを執り行っている。
 
「チキン感謝祭」は、日本KFCが毎年、鶏への感謝と供養のため、東日本の関係者は東京(東伏見稲荷神社)、西日本の関係者は大阪(住吉大社)に、それぞれ一堂に会し執り行う祭事(ケンタッキーフライドチキン・ウェブサイトより引用)
 
ついつい忘れてしまいがちな食べ物への感謝。この感謝の気持ちは、自分はたくさんの命に支えられて生きていること、そして食べ物を味わうことの大切さを教えてくれるとっても大事なもの。ということで、これからチキンのみならず食べ物を食べる際は、感謝の気持ちをお忘れなく!

(文=田代大一朗)

参照元:twitpic/@twomotors, ケンタッキーフライドチキン