株プロ101人の儲かる101銘柄!_テーマその?(part.3)
さえない相場展開が続く今こそ、真の実力株の仕込み時!株式評論家、アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなど、常日ごろから株式市場をウオッチしている101人が渾身の1銘柄を推奨。この101銘柄が、あなたの投資資金を飛躍的に増やしてくれる!

『ネットマネー』イチ押しテーマその? 10万円で買える株!(part.3)


大人気の10万円株をタップリ16 銘柄。複数選んで分散投資するもよし、一点集中にするもよし。目移りして困るからこそ、プロの注目銘柄をチェックしたい!

AFC‒HDアムスライフサイエンス ジャスダック・2927


[株プロ13]板垣哲史 日本トーマスモア・コンサルティング 代表
国際金融コンサルタント。シティバンク、エヌ・エイ東京支店の資金部長などを歴任。

拡大と特典
高齢化の加速や健康への意識の高まりで、好不況にかかわらず、日本のサプリメント市場は拡大の一途をたどっている。同社も主力の健康食品の委託製造が好調で、新工場が稼働。自社ブランドも強化中だ。現代人の多くが何らかのサプリメントを飲んでいると思うので、配当のほか株主優待で健康食品が30%引きで買えるのも魅力


ハニーズ 東証1部・2792


[株プロ14]浜田節子 経済アナウンサー
元ラジオNIKKEI契約アナウンサー。日本テクニカルアナリスト協会会員。

安カワ!
10〜30代の女性向けカジュアルウエアの企画・製造・小売会社。本拠地は福島県いわき市。いわゆる "安カワ(安くてカワイイ)" 系で人気がある。ショッピングセンターを中心に全国展開し、中国出店も強化中だ。最新の流行をリサーチし、すぐに少量を製造・販売することで在庫を抑え、利益を積み上げる方式である。


ジー・テイスト ジャスダック・2694


[株プロ15]若林史江 株式アドバイザー
各メディアで活躍中。著書『株が好き♪』(アスペクト)は16万部のベストセラー。

ツレ安しすぎ
回転ずし元祖「平禄寿司」を展開。「村さ来」などを運営するフードインクルーヴ、ちゃんこ料理店「グローバルアクト」を吸収合併するなど、事業を積極拡大中。2012年3月期(単独決算)の経常利益は、従来予想を18.3%上回った。ゴールデンウイーク明けからの全体相場に引っ張られ、株価は割安に。投資妙味あり!


三井情報 東証2部・2665


[株プロ16]大和田 崇 ストック・リサーチ 代表/チーフアナリスト
日経BP社記者、野村系投資会社調査部などを経て同社設立。金融・IT分野などをカバー。

安心棚ボタ
三井物産グループのシステム会社。グループ内の案件受注という安定収益に加え、ビル省エネ事業、ビッグデータ関連事業などの今後の拡大が期待できる。PBR約0.5倍、安定配当で下値の不安が少なく、安心して投資できる銘柄だ。大株主の三井物産の方針次第では、M&Aなどのサプライズ(棚ボタ)が期待できるかも?


アルプス電気 東証1部・6770


[株プロ17]叶内文子 マーケットキャスター
ラジオNIKKEI「夕焼けマーケッツ」「夜トレ」等に出演中。証券アナリスト協会会員。

スマホ拡大
電子部品の大手。前期はテレビ、ゲーム、パソコン向け電子部品の売り上げ減少で大幅な営業減益となったが、今期はスマートフォン向け部材を牽引役に業績急回復を見込む。エンコーダー、スイッチなどで新たな商談が成功しているもよう。オートフォーカスカメラ機構部品を増産。前期に行なった設備投資が生きてきそう。


ACCESS 東証マザーズ・4813


[株プロ18]渋谷高雄 トレーディングパートナーズ
2004年以来、8年連続プラス成績の個人投資家だが、もっか苦戦中。

潜伏後爆騰
携帯端末向けソフトを開発。ケータイ向け業界はコンプガチャ問題で大きく揺れ動いているが、これは一時的なものとみている。チャートは株価3万円前後で、7カ月も横ばいのままで、コンプガチャのニュースでも株価は反応薄。直近で急騰しているが、ゲーム関連が見直されるときが来たら、力をため込んだ分の暴騰も。

―--
この記事は「WEBネットマネー2012年8月号」に掲載されたものです。