「Tカードプラス」に新たに2種類のカード、若者向け『Tカードプラスα』など

写真拡大

アプラスグループのクレジット事業などを展開するアプラスと、日本最大の共通ポイントサービス「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、クレジット機能付きTカード「Tカードプラス」に新たに2種類のカード『Tカードプラス(ライトブルー)』および『Tカードプラスα(アルファ)』を追加し、募集を開始している。

「Tカードプラス」は、全国のJCB/Visa加盟店でのカード払いでTポイントがたまるほか、TSUTAYAをはじめファミリーマートやENEOSなど全国約4万6000店舗のTポイントアライアンス店舗でTポイントが貯まる。

このたび「今持っているTカードをクレジット機能付きのカードに変えたい」「若者が入会しやすいクレジットカードをつくってほしい」という要望に応えて、新たに『Tカードプラス(ライトブルー)』および『Tカードプラスα(アルファ)』の募集をインターネット上で受付開始した。

『Tカードプラス(ライトブルー)』へ切り替えることができるTカードは、牛角、コンタクトのアイシティ、ドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェ、ドラッグイレブン、ウエルシア、寺島薬局などで発行されたTカードを対象とし、今後はその他のTポイントアライアンス店舗で発行されたTカードも切り替え対象としていく予定。

一方、『Tカードプラスα』は、18歳から25歳までの若年層を入会対象としたTSUTAYAレンタル会員証としても利用できるTSUTAYA発行のクレジット機能付きTカード。

最初の5年間の年会費が無料で、今秋には全国のTSUTAYA店頭での募集を予定している。