「東京しごとの日」ワークライフバランス普及啓発イベントを実施 - 東京都

写真拡大

東京都は8月3日・4日に「仕事効率をUPして、わが家時間を楽しもう。

」と題した、ワークライフバランス推進イベントを開催する。

東京都によると、子育て世代の30代男性の約5人に1人が週60時間以上働いている現在、長時間労働の削減はワークライフバランス実現に向けた大きな課題のひとつだという。

そこでこのほど、ワークライフバランス普及啓発イベントの開催を発表。

8月3日は13時から東京都庁において、企業の人事労務担当者や経営者等を対象にした講演会「東京しごとの日 2012」を実施する。

「ワークライフバランスの実現に向けた長時間労働削減の重要性」の講演、リレーセミナー、パネルディスカッションなどを予定している。

入場無料。

8月4日は家族連れなどの方々を対象に、有楽町駅前広場にて「あなたから! ワークライフバランス2012」を開催。

フリーアナウンサーの木佐彩子さんと、イクメン俳優の金子貴俊さんの対談形式のトークショーや、パパ料理研究家の滝村雅晴さんによるステージ、それいけ!アンパンマンショー、親子で楽しめるものづくりワークショップコーナー (TOKYO PLAY)、ジャグリングのパフォーマンスなど、家族そろって楽しめるコンテンツとなっている。

また、ワークショップブースとして「長時間労働削減! 効率アップ仕事術」ブース(NPO法人Arrow Arrow)、「すぐできる! 片付けのコツ!」ブース (NPO法人tadaima!)も設けられている。

同イベントに事前申し込みの必要はないが、それいけ!アンパンマン ショーのみ事前に整理券の配布を行うとのこと。

詳細については東京しごとの日で案内している。