エアライン満足度調査「シンガポール航空」5部門で第1位 - エイビーロード

写真拡大

リクルートのエイビーロード・リサーチ・センターは、2011年に海外渡航をした人を対象に「エアライン満足度調査2012」を実施した。

調査の結果、「シンガポール航空」が総合満足度を含む5部門で1位と高い評価を得た。

調査の結果、総合満足度の1位はシンガポール航空、2位「エミレーツ航空」、3位「全日本航空(ANA)」という結果に。

前回調査で12位だった「ルフトハンザ・ドイツ航空」は4位にランクイン。

同じく前回17位だった「日本航空(JAL)」も6位、15位「タイ国際航空」も8位と躍進した。

部門別に見てみると、「航空機の機材、設備に対する満足度」はシンガポール航空が1位。

「機内が本当にきれいで、ブランケットも清潔。

機内の空間の演出が素晴らしい」「どの便も、シートバックTVがついているのがうれしい」などの声が寄せられた。

2位はエミレール航空。

「ゆったりくつろげる座席で、機内アメニティーも充実しており退屈しなかった」というコメントがあった。

3位の「カタール航空」も機内のきれいさ、シートの快適さ、アメニティーの充実ぶりが評価されたようだ。

「客室乗務員の接客サービスに対する満足度」もシンガポール航空が1位となった。

「真剣な中にもいつも笑顔で、対応がすばやくこちらが待つことが少ない」「定評ある身だしなみはピカイチ」という声が寄せられた。

2位にはANA、3位にはJALがランクイン。

丁寧で気持ちのよい対応というコメントがあった。

「空港内の航空会社職員の接客サービスに対する満足度」では、シンガポール航空1位、2位にはJAL、3位には格安航空会社の「エアプサン」がランクインした。

「機内飲食サービスに対する満足度」でもシンガポール航空は1位。

僅差で「トルコ航空」、そして3位はカタール航空。

機内飲食サービスについては、「シンガポール空港はエコノミークラスでも十分満足できる量・味で満足」「トルコ料理が食べられ、とてもおいしかった(トルコ航空)」「味も量もよく、デザートもおいしく、飲み物も頼んだものをすぐにサービスしてくれた(カタール航空)」という声が寄せられた。

同アンケートは2012年4月20日〜4月24日にかけてインターネットで実施。

調査回収数は4,354人(回収率68.6%) 調査集計数は4,000人だった。