食品の安全は? 放射能の影響は? 福島の「今」を体験しよう

写真拡大

6月29日、福島県農林水産部主催の「第2回 今の福島を見に行くモニターツアー」が開催された。

これは、現在も原発事故の影響が長引く中、福島の「今」や放射能への取り組みを伝えるとともに、参加者の率直な意見を聞くことで今後の県農林水産業、観光の再生に向けた参考にしたいというもの。

参加費用は無料。

当日はネットやチラシを見て応募した24名が参加し、さくらんぼの観光農園や福島市内にある放射能のモニタリングなどを巡った。

忘れもしない、2011年3月11日の未曾有の大地震、そして福島第一原子力発電所の事故。

これに大打撃を被った福島の農産業と観光はいまだ、実害と風評被害の双方にさいなまれている。

放射線量が基準値以下の地域さえも訪問を敬遠され、安全が確かめられたはずの農作物さえ売り上げが激減。

その状況はいまも続いているという。

一方で「心配する他県の人の気持ちもわかる。

無理をして来てほしい、食べてほしいとは私たちには言えない」という地元の人も多いようだ。

そこで同県では、県産農産物や関連した観光に関する情報を発信する「ふくしま 新発売。

」プロジェクトを立ち上げた。

農林水産物モニタリング検査結果などの情報を逐一公開し、理解を求めるなどの活動を行なっている。

今回のモニターツアーは、そのPRの一環として行われた。

観光スポットを楽しみながら巡る中で、行政の取り組みと、各施設それぞれの民間の取り組みを知ってもらうのが狙いだ。

東京駅前を出発したバスは途中、那須、安達太良山など、北関東から福島へかけての美しい眺めを堪能しながら東北道を一路、福島市へ。

最初に訪れたのは観光農園の「みちのく観光果樹園」。

フルーツ王国福島では、6月はさくらんぼの最盛期ということで、さくらんぼ狩りを楽しむことからツアーはスタートした。

出迎えてくれたのは、福島市観光農園協会会長でもある同園の片平新一氏。

まずは福島市の農家による、震災後の取り組みについての説明が行われた。

「皆さんも福島の農産物に不安を持っていらっしゃると思いますし、私たちも厳しい状況が続く中、楽観視はしておりません。

当果樹園では、樹木はすべて高圧洗浄で除染をしました。

もちろん、放射能のチェックは欠かせません。

時間はかかりますが元の福島に戻したい」と片平さん。

観光客が減り、デパートなどへの出荷もままならない状況が続いているが、それでも丹念に育てられた果実は変わらずに、美しくたわわに実った。

今年は”成り”は少ないが、大粒で糖度の高いさくらんぼが育ったとのこと。

食べてみると、プチっとした歯ごたえの後、甘みを含んだ水分が口いっぱいに広がり、参加者も笑顔に。

おみやげとして、さくらんぼ1パックが振る舞われた。

さくらんぼのシーズンが終わると、今度は桃が甘い香りを漂わす。

次に一行は昼食をとるために、福島市の南西部に位置する約8ヘクタールの農村公園「四季の里」の中にある「憩いの館 いなか亭」へ。

食材の多くを地元産にこだわった人気の食事所だ。

厳密にチェックされた安全性がたしかなものだけを仕入れなくてはいけないため、欲しい食材が入手困難な場合もあるという。

しかし同店では、最大限の努力により、風味のよい手打ちそばなどを提供している。

この日は、手打ちそば、天ぷら、ナスの素揚げ小鉢、漬物、豆腐と大葉の小鉢、炊き込みご飯、果物がセットになった「いなか亭もりそばセット」が提供された。

そばはツルッとのどごしがよく、豆腐はしょうゆをかけずともいただけるほどに味わい深い。

ナスの素揚げにかかったゆずみそがさらに食欲を誘った。

食後はしばし、緑の芝生広がる園内でゆったり。