●決死の千里行

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●関羽、関所を強行突破する!
劉備の無事を知り、曹操との従前の約束によって河北の劉備の元へ向かう関羽。しかし、曹操配下の郭嘉と夏侯淵は関羽の存在を後の禍と考え、関所通過に手形を持たぬ者は殺害するように指示を出します。

もちろん関羽は強引に関所を通過しようとしますが、それを知った曹操は郭嘉の独断に対して憤慨したうえで関羽に対して手形を渡すよう郭嘉に命令を出します。

※曹操としては関羽に対しては憎しみは無く、逆に郭嘉の独断については自らの意と反していたようです。

ここで夏侯淵は手形を渡す任務に神々と竜々を選びます。もちろん彼等がこの任務を成功させるとは考えられないためなのですけど。
●関羽、一芝居打つ!
とある関所通過のさいの話。その関所の主人が自身の息子のために関羽へ痺れ薬入りの酒を勧めるも、関羽はそれを見抜き難を逃れます。

逆に罠を利用して関羽は敵襲を撃退します。これを見て関羽の役者ぶりと褒めるのは劉備の母と淑玲。

またその息子によって火計に遭うも関所の主人の手紙によって窮地を逃れることになります。
●張飛、趙雲と出会い関羽に激怒する!
河北近辺の山奥で山賊を集めてにわか部隊を結成し、築城する張飛。そこにやってきたのは主人の公孫瓚を失った趙雲。彼の話によると劉備は袁紹配下として無事との知らせを聞き張飛は歓喜するも、関羽は曹操へ降伏した件を聞くと激怒します。

※もちろん張飛の早とちりなのですが…。
●神々と竜々、手形を渡す事に成功する!
最後の関所を通過するとき、漸く神々と竜々は関羽に手形を渡す事に成功します。これによって関羽は無事関所を通過して劉備と再会することになります。

もちろん曹操も彼等の功績を喜びますが、郭嘉は思惑を裏切られ憤慨気味です。
●桃園の義兄弟、再会を果たす!
関羽は張飛と再会するも、張飛の勘違いによって斬り付けられます。しかし、劉備の母と淑玲の話で納得する張飛。そこに劉備と趙雲もやってきて桃園の義兄弟は再会を果たします。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト