布袋寅泰&MINIコラボモデルの特別展示が実現、イメージビジュアルも初公開

写真拡大

ビー・エム・ダブリューは18日まで、東京・丸の内の「BMW Group Studio」(東京駅八重洲口より徒歩2分)にて、MINIが布袋寅泰氏とのコラボレーションで制作した「MINI Coupe」「MINI Roadster」を特別展示する。

布袋氏のギターレプリカやさまざまなグッズもあわせて展示される。

このコラボレーションモデルは、MINIの日本発売10周年と、布袋氏の50歳の節目をきっかけに実現したコラボ企画から誕生した。

MINIは英国でデビッド・ボウイなどの一流アーティストとのコラボレーションを数多く行っている。

2台のMINIはそれぞれ内外装に特別なカスタムを施した。

「MINI Roadster」は布袋氏のトレードマーク、幾何学模様を施した「ギタリズムモデル」。

一方、「MINI Coupe」は赤と黒のツートンカラーが鮮やかな「ブラックファイヤーモデル」となっている。

今回の発表では、この2台のイメージビジュアルも初めて公開された。

「ギタリズムモデル」はインテリアの隅々まで幾何学模様が施されており、そのカスタムはシフトノブのブーツにまでおよび、非常にこだわってつくられていることがうかがえる。

「ブラックファイヤーモデル」は一見単純なカスタムに見えるが、実際には車内の丸いリングすべてに赤メッキが施されており、きわめて手間のかかるカスタムとなっている。

両車は「BMW Group Studio」で特別展示された後、7月末のMINI宝塚での展示を皮切りに、MINI正規ディーラーで順次展示予定。

詳細はMINIウェブサイトで発表される。