ブルックス ブラザーズのカジュアルショップ「フラットアイアン」上陸

写真拡大

 「Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)」のカジュアルラインを取り扱うショップ「Brooks Brothers Flatiron Shop(ブルックス ブラザーズ フラットアイアン ショップ)」が、2012年8月に日本に上陸する。8月8日に伊勢丹新宿店メンズ館に国内初のショップを出店。9月には関西に2店舗、2013年6月には国内初の路面店のオープンが予定され、出店を拡大させていく計画だ。 フラットアイアンが日本上陸の画像を拡大

 「Brooks Brothers Flatiron Shop」は、「Brooks Brother」の194年の歴史の中で生み出してきた象徴的なデザインをカジュアルにしたアイテムを中心に構成したショップ。若者をターゲットとしており、メンズ・ウィメンズを展開。2011年11月に新しいコンセプトのショップとしてニューヨークのフラットアイアン地区に1号店が出店された。フラットアイアン地区は、1900年頃に「Brooks Brothers」の本社が置かれていたエリアで、当時発表した「ナンバー1サックモデルスーツ」が若者達の間で大流行したことから、ブランドにとって縁のある場所とされている。流行を誕生させた地に建てられた「Brooks Brothers Flat Iron Shop」の1号店は、レンガの壁にラグビーストライプやオックスフォード地でアクセントを加えた内装。店舗のロゴはヴィンテージ調のデザインを使用している。 「Brooks Brothers Flatiron Shop」の2号店はカナダのトロントに出店されており、日本は世界3番目の出店国となる。「Brooks Brothers Flatiron Shop」で取り扱われるのは、これまで国内の旗艦店で展開されてきたカジュアルラインが中心。国内1号店となる「ブルックス ブラザーズ新宿伊勢丹 フラットアイアン店」はメンズのみで構成。9月5日に同時オープンする京都伊勢丹店とJR大阪三越伊勢丹店のショップでは、メンズ・ウィメンズを展開する。