ビーフジャーキーとは全然違う! 飛騨牛の干し肉を発売 -かわしま屋

写真拡大

厳選食材の通販サイト、かわしま屋は、岐阜県飛騨地方で肥育される黒毛和牛の最高峰「飛騨牛」で作った最高級干し肉の販売を開始した。

飛騨牛の干し肉を作ったのは、高級料亭やホテルに精肉を提供している老舗、古里精肉店。

ビーフジャーキーの常識を覆すという意気込みのもと完成した干し肉は、従来のビーフジャーキーとは一線を画す肉の厚みと柔らかさ、旨みがある逸品だ。

材料は、飛騨牛の中でも最高の肉質と歩留まりの等級「A5」に格付けされた高級肉。

種付けから出荷まで延べ3年半という長い年月をひとつの牧場で飼育する“地域内一貫生産”にこだわり続ける、山勇畜産の「こだわり飛騨古川産飛騨牛」だ。

その肉を厚く切り分けるとともに、余計な添加物は加えず醤油と味醂と塩、胡椒だけでシンプルに味付け。

もとの重量の半分以下の重さになるまでじっくり乾燥させている。

味わいは一般的なビーフジャーキーとはまったく異なり、柔らかくて肉汁がたっぷり、黒毛和牛らしい旨みがギュッと濃縮されている。

ワイン、日本酒、ビールなどあらゆる酒との相性も抜群だ。

価格は4,575円(230g)。

賞味期間は商品到着予定日より2週間。

冷凍すれば3ヶ月間は美味しさを損なわずに保存できる。

完全手作り品のため、1日10食の限定販売となる。