讃岐うどんなのに見た目と食感は蕎麦の「蕎麦らしきうどん」って何!?

写真拡大

地域に根差しさぬきうどんの販売を行っている、こんぴらや販売は、見た目と食感がまるでそばのようなうどん「蕎麦らしきうどん」を発売する。

インパクトのあるパッケージには、グラフティアート界の新進気鋭KURRY氏を起用した。

「蕎麦らしきうどん」は、黒五といわれる黒ごま、黒米、黒豆、黒松の実、黒かりんの5種類の素材を配合し、職人が練りこんだ健康志向の讃岐うどん。

材料にも生産設備でもそば粉は一切使用していないので、そばが苦手な人やそばアレルギーの人でも安心して食べられる。

麺の太さは、そばのイメージに近い1.7mmの極細。

ゆで時間も2分で済み、時間のないときにも便利だ。

つゆはそばつゆで、薬味はわさびで食べるのがお勧め。

常温で90日間保存できる半生タイプで、価格は630円(240g)。