エアコンを一人で使わず、楽しく涼しさをシェアしよう!-LIXIL

写真拡大

住宅設備機器・建材の総合メーカーであるLIXILは、クールシェア事務局が環境省と連携して進めている「クールシェア」に賛同し、7月1日〜8月31日の期間の平日、全国58箇所のLIXILショールームを「クールシェアスポット」として開放する。

「クールシェア」は昨年、多摩美術大学デザイン学科のゼミで生み出されたプロジェクト。

ひとり一台のエアコンを使うという無駄をやめ、みんなで涼しい場所に集まり、楽しく涼しさをシェアすることで、家庭部門でのエアコンによる夏場のピーク消費電力を減らそうというもの。

同社ではこの考えに賛同し、猛暑時に近くのショールームに気軽に立ち寄れるよう、LIXILショールームを「クールシェアスポット」として開放。

また、グループ全体でも、「2012年夏 LIXIL 節電アクション」として「ていねいな節電」をすすめ、さまざまな省エネ製品の開発等を通じ、無理なく快適に暮らす夏の節電を応援している。

ショールーム開館時間は10:00〜17:00。

休館日は水曜日(祝日の場合は開館)、夏期休業日(2012年 8月10日〜8月16日)、年末年始。

なお、ショールームによって開放期間や開放時間が異なる。

詳細は、クールシェア事務局のシェアマップで確認できる。