スバル、「インプレッサ WRX STI」シリーズを改良 - 4ドア「spec C」も登場

写真拡大

富士重工業は3日、「スバル インプレッサ WRX STI」シリーズに改良を施すと共に、4ドアモデルの「spec C」を追加、4ドアと5ドア両モデルに「A-Line type S Package」を展開して発売した。

インプレッサ WRX STIシリーズの改良では、1本あたり220gの軽量化を実現した新デザインの18インチアルミホイールを「WRX STI」「WRX STI A-Line」に採用。

また、6MTモデルでも、A-Lineに展開していたメーカー装着オプションのプレミアムパッケージ(プレミアムタンインテリア&BBS製18インチ鍛造アルミホイール)を選択可能にしている。

そのほか、4ドアモデルのトランクガーニッシュをボディと同色に変更した。

インプレッサ WRX STI spec Cの4ドアモデルは、レスポンスとトルクを強化したという専用パワーユニットを搭載。

リヤワイパーやリヤフォグランプなどを排除したほか、17インチ仕様車では大型リヤスポイラーも排除して軽量化も図られている。

なお、4ドアと5ドア両モデルの17インチ仕様車は、リヤ中央席にヘッドレストと3点式シートベルトを追加し、フルオートエアコンをメーカー装着オプションとして設定。

A-Line type S Packageは、「A-Line」の特別仕様車「A-Line type S」をベースに、装備を見直してスポーティテイストをさらに高めたというグレード。

大型リヤスポイラー(4ドアモデル)をはじめ、専用バケットタイプフロントシート、フロアコンソールリッド&ドアアームレスト、BBS製18インチ鍛造アルミホイールを装備し、メーカー装着オプションとしてRECARO製バケットタイプフロントシート、brembo製17インチフロント対向4ポット&リヤ対向2ポットベンチレーテッドディスクブレーキが用意されている。