スバル、改良したミニバン「エクシーガ」と新モデル「tS」を発売

写真拡大

富士重工業は3日、ミニバン「エクシーガ」に改良を施したほか、スポーティな仕様装備を施した「エクシーガ tS」(ティーエス)を設定して発売した。

エクシーガの改良では、先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」搭載グレードの展開による安全性能強化、新世代ボクサーエンジンと新リニアトロニック(CVT)搭載による運動性能と環境性能向上、走る愉しさと安心感を高めるというSI-シャシーの改良を実施。

グレード展開および価格設定の見直しも行われ、一部グレードについては平成27年度燃費基準を達成した。

エンジンは、2.0L / 2.5L水平対向4気筒DOHC、もしくは2.5L水平対向4気筒DOHCターボを搭載し、変速機はリニアトロニックとE-5ATのいずれかを採用。

駆動方式はAWD、乗車定員は7名。

価格は218万4,000円から292万9,500円。

エクシーガ tSは、東京オートサロン2011に出展した「エクシーガ2.0GT tSコンセプト」をベースに市販化されたモデル。

2.0L水平対向4気筒DOHCターボエンジンを搭載し、シャシーとボディを中心に専用の仕様装備を施すことで、高い運動性能を実現したというSTIコンプリートカー。

brembo製17インチフロント&リヤディスクブレーキ、18インチタイヤをはじめ、STI製のフレキシブルタワーバーフロントなどを装着して制動性能と路面追従性を高めたとのこと。

変速機はE-5AT、駆動方式はAWDを採用。

乗車定員は7名。

価格は374万8,500円。