専門医が教える。疲労回復に効果がある食事とは?




スポーツや仕事など、ハードワークでの疲労回復には、にんにく注射や栄養ドリンク、クエン酸が入ったレモンやグレープフルーツ、梅干しが効く、とよく耳にしますが、本当なのでしょうか。



糖尿病専門医で大阪府内科医会会長の福田正博先生にお話を伺いました。



■医学的に実証されているのは、鶏の胸肉



大仕事の前や疲れたときに、にんにく注射や栄養ドリンクを飲むとパワーが出る、疲労回復に効果があると言います。この現象について福田先生は、次のように説明します。



「にんにく注射や栄養ドリンク、にんにく、酢などを使った健康食品、サプリメント、覚せい作用のあるカフェインが入っているコーヒーなどでは、一時的に元気になったような気がします。しかし、そのあとに落ち込みがあり、本質的な疲労回復にはならないようです」



そうでしたか……、栄養ドリンク好きの筆者としても、服用後の体調の変化については意識したことがありませんでした。福田先生は、疲労回復に効果がある食事について、こう話します。



「疲労回復に働く抗疲労物質として期待されているものとして、渡り鳥の胸肉や、回遊魚(イワシ、サバ、サンマ、タラ、マグロ、カツオ、アジ、ブリ、さけなど)の尾の肉に多く含まれる『イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)』という成分があることが分かっています。われわれも臨床試験をしましたが、一定の効果が認められました。



渡り鳥が休みなく飛び続けられるのは、羽の付け根の部分に含まれるイミダペプチドが筋肉疲労を防ぐ働きがあるからと言われています。



1日に鶏の胸肉・約100グラムを1週間とり続けると、疲労回復に効果があるとされています」



また、運動後すぐに、レモンやグレープフルーツ、梅干しなどを食べるとよい、とよく耳にしますが、どのような効果があるのでしょうか。



「細胞内でエネルギーを作りだすシステムの一部にクエン酸や酢酸があります。クエン酸を多く含むレモンなどのかんきつ類、梅干し、いちご、キウイや、酢酸を含む米酢などを補給することは疲労回復に役立つと言えるでしょう。



筋肉の疲労時に、食べ物からクエン酸を補ってやると、エネルギーが効率よく作れるようになり、乳酸の処理も早めになると考えられます」



疲れた、と思えば、クエン酸、酢酸を含む食べ物やドリンクを口にすればよいようですが、福田先生は、こうも付け加えます。



「筋肉疲労でない場合の精神的ストレスに効果があるのは、『バランスの良い食事と睡眠』が基本です。



私個人の一日の疲労回復メニューは、腹八分目の夕食のあと、ひとかけらのカカオリッチな美味しいチョコレートと一杯のエスプレッソ一、そして早めの就寝です」



■疲労回復のための簡単自炊レシピ



ここで、鶏の胸肉、 魚の尾、かんきつ類を使った簡単レシピを紹介していただきましょう。



<鶏胸肉のマヨ焼き〜ピザ風>

鶏胸肉を1センチの厚みの薄切りにし、フライパンで焼きます。

マヨネーズと練りからしと青ネギを混ぜたソースをかけて、チーズをのせて、カリッと焼くと出来上がり。



1人分の目安:鶏胸肉3分の1枚、マヨネーズ大さじ2、練りからしチューブ1センチ程度、青ネギ少々、スライスチーズ1枚



<ツナ缶詰でチャーハン>

玉ねぎ、にんじんをみじん切りにし、フライパンでいためます。

軟らかくなったらごはんとツナ缶を加え、切るように混ぜいためます。しょうゆで味を調えて出来上がり。卵を加えるとマイルドな味わいになります。

1人分の目安:ごはん1膳(ぜん)、ツナ缶2分の1、玉ねぎ4分の1個、にんじん4分の1本、卵1個、しょうゆ小さじ1杯



<生しぼりグレープフルーツジュース>

小さめのグレープフルーツを、レモンしぼり器などでギュッとしぼってジュースにします。炭酸水を少し混ぜるとのどごしよく飲めます。甘味を足したいときは、はちみつを小さじ1杯程度加えるとよいでしょう。



やみくもに栄養ドリンクに頼っても、根本的な疲労回復にはならない。日ごろの食事やドリンクが大事だ、ということが分かりました。これらの情報を頭に入れて、毎日早めの疲労回復を意識して過ごしたいと思います。







監修:福田正博氏。糖尿病専門医、大阪府内科医会会長。医学博士。ふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)院長。名医として数々のメディアで紹介され、著書に『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』(アスキー新書 780円)、『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』(扶桑社新書 756円)、また、最新刊の『専門医が教える5つの法則 「腹やせ」が糖尿病に効く!』(マガジンハウス  1,365円)は、糖尿病患者だけではなく、ヘルシーダイエットとして有効な、「食べ方」、「ウォーキング」、「腹やせ」の実践法が分かりやすく述べられていて話題になっている。





(海野愛子/ユンブル)