単なる偶然? それとも...トム・クルーズの離婚にまつわる「宗教」と「元妻・33歳離婚」説 写真:ロイター/アフロ

写真拡大

トム・クルーズとケイティ・ホームズが離婚に向け動いているのは周知の事実。愛娘スリちゃんにも恵まれ、トムにとって"3度目の正直"だと思われた矢先の出来事だった。

だが<Huffington Post>では、トムの3度の離婚の共通点を挙げている。

トムの歴代の妻は、女優のミミ・ロジャースにニコール・キッドマン、そしてケイティの3人。なんと彼女たちは全員、33歳でトムと離婚しているのだ。

「『33』という数字は、"マスター・ティーチャー(Master Teacher、指導者や教師などの意味合い)"として知られているのです」と語るのは、元サイエントロジー信者。サイエントロジーとはトムが信奉する宗教だ。「(33は)自分よりも他人の利益を優先する"利他主義"を表し、己の前向きなエネルギーを増加させるのです。愛を通した癒やしの力にも関係しています」

トムが最初の妻ミミと結婚したのは1987年のこと。彼女は当時31歳で、1990年に離婚した。2番目の妻ニコールとの結婚は2001年まで10年間続いたが、破局時の彼女もまた33歳だった。トムとケイティは、ケイティが28歳だった2006年に結婚。こちらも先週、33歳で離婚を申請した。

「トムの離婚の背景にサイエントロジーがあるのは想像できるでしょう。ですが、3人の妻が同じ年に離婚したのは偶然でしょうね」と、元サイエントロジー信者は続ける。

「夫婦間の問題は、サイエントロジー信者が"withholds(意訳:差し控えるもの)"と呼ぶもの、または我々(=非サイエントロジー信者)のいう"not communicating(意訳 :コミュニケーションの欠如)"から来くるものです。トムのこれまでの離婚は、妻が33歳になったこととは関係ありません。仮に、ケイティの離婚がトムにとって不意打ちだったとしましょう。そうすると、彼女が今後も(33に意味を持つサイエントロジーの)教えを続けるつもりがない限り、"33"という数字は離婚とは関係ないのです」

一方でこれまた偶然か否か、サイエントロジー教会側にも動きが見られるようだ。<TMZ>の報道によると、サイエントロジー側はケイティを数週間にわたって監視しているという。彼らはケイティを"組織にとっての脅威"と捉えている、とも報じられている。

離婚に向け動き出すトム&ケイティ