じぶん銀行、中国元預金の取扱時間を拡大 - 1回あたり取引上限額も引上げ

写真拡大

じぶん銀行は、3日より、中国人民元(以下「中国元」)預金の取扱時間の拡大および取引上限額の引上げを実施すると発表した。

同行の中国元預金は、これまで、平日10時30分から16時30分までの6時間が取扱時間であったが、3日より、平日9時から24時までの15時間に拡大となった(香港の祝休日は9時から16時30分まで。

日本の祝休日を除く)。

取扱時間の拡大については、中国元取引の増加に伴い、中国元預金の取扱時間を延長できる体制を整備できたことから、今般、実施することとなったという。

また、1回あたりの取引上限額も引上げ、1,000万円相当額(外貨指定の場合は80万中国元)まで預入れができるようになる。

これにあわせて、3日より、「中国元預金ダブル優遇キャンペーン」を実施し、為替手数料および中国元定期預金金利を優遇するとともに、抽選で10名につき1名に上海旅行(5万円分の旅行券)をプレゼントする。

期間は8月31日まで。