2階建てオープンバスのスカイバス東京、乗り降り自由な新サービスを開始

写真拡大

日の丸自動車興業が運行するスカイバス東京はこのほど、2階建てオープンバスによる新しい観光バスサービス「スカイホップバス」の運行を開始した。

フリー乗車券を購入すれば、どの停留所でも乗降可能。

路線バスのような巡回バスで、1人でもチケットを購入できる。

観光アテンダントが風景や名所を案内するほか、3カ国に対応する音声ガイドシステムを搭載する。

同社は2004年9月から、2階建てオープンバスの定期観光バスを4コース運行している。

各コースとも東京駅丸の内口近くの三菱ビル前を出発し、都内を周遊して三菱ビル前に戻ってくる。

新たに運行する「スカイホップバス」は路線バス方式で、コース上に数カ所の停留所を設定し、自由に乗降可能とする。

運行ルートは「浅草・東京スカイツリーコース」「お台場コース」「六本木・東京タワーコース」の3つを設定した。

すべてが丸の内三菱ビルを発着するほか、ルートが重なる停留所で乗換えも可能とのこと。

バスの運行時間は10時から20時までで、1時間間隔で走らせる。

「浅草・東京スカイツリーコース」は土日祝日に限り30分間隔に増便する。

運行開始を前に行われた記者発表会では、テープカットに続き、「浅草・東京スカイツリーコース」の試乗会も実施。

屋根のないバスは頭上の景色が特徴で、道路案内標識が意外に大きかったり、交通信号機の裏側のメーカー名が見えたりと、従来の観光バスとは異なる風景を楽しめる。

鉄道の高架下を潜るときは迫力満点だ。

また、三越など歴史のあるビルの上層階には彫刻が施され、かっぱ橋や秋葉原ではユニークな看板があるなど見どころも多い。

チケットは1日券(大人1,800円、小人900円)と2日券(大人2,500円、小人1,200円)の2種類。

当日有効ではなく、1日券は24時間、2日券は48時間有効となる。

たとえば15時から乗車した場合、1日券なら翌日の15時、2日券なら翌々日の15時まで使用できる。

チケットの販売場所は丸の内三菱ビルチケットカウンター、とうきょうスカイツリー駅前営業所など。

バスの車内でも購入可能なため、実質的にどの停留所からでも利用開始できるという。