世界コスプレサミット10周年 過去最多20カ国のコスプレイヤーが名古屋に集結

写真拡大

 日本と世界各国のコスプレイヤーの国際文化交流の創造・発展を目的とした「世界コスプレサミット2012」が、7月28日より名古屋で開幕する。10回目の開催を迎える今回は、初参加の3カ国を含む過去最多の全20カ国のコスプレイヤーが集結。会期をこれまでで最長となる9日間に拡大し、世界No.1のコスプレイヤーを決定するチャンピオンシップの他、アニソンライブやアニソン限定のガイドボーカルオーディションなど、アニバーサリーを記念して様々な特別イベントを開く。期間は8月5日まで。 名古屋で世界コスプレサミットの画像を拡大

 テレビ愛知が主催する「世界コスプレサミット」は、2003年より毎年開催され、世界各地から多数のコスプレイヤーが集まり様々なイベントを繰り広げている。2011年は17カ国が参加し、ブラジルが3度目の優勝に輝いた。2012年はロシアとイギリス、インドネシアの初参加国をはじめ、日本やドイツ、フランス、中国など全20カ国が参加。各国の代表者2名1組がアニメやゲームのキャラクターに扮して8月4日に行われるチャンピオンシップに出場する予定で、日本代表にはコスプレ歴3年の霜月紫、5年の海都〜kaito〜の2人が決定している。 「世界コスプレサミット2012」ではチャンピオンシップの他、愛知県内の各所で特別イベントを開催。8月5日に名古屋の複合施設「オアシス21」で開催されるアニソンライブには、影山ヒロノブや遠藤正明らアニソン界を代表する実力派シンガーによるユニット「JAM Project」、テレビアニメ「バカとテストと召喚獣」の主題歌を担当した麻生夏子、「美少女戦士セーラームーンR」のエンディングテーマを代表作に持つ石田燿子など、人気アニソン歌手が多数出演する。また、名古屋の老舗クラブ「OZON(オゾン)では、コアなアニメファンからライトなファンまで、幅広い層に向けて「WCSミュージックウィーク」を「世界コスプレサミット2012」と連動開催。アニソンやゲーム、ボーカロイド、アイドル、ニコニコ動画など、毎日異なるジャンルでオーガナイズされたライブ・クラブイベントが行われる予定だ。■世界コスプレサミット http://www.tv-aichi.co.jp/wcs/