フジライトカーペット(株)は、6月25日から3日間、林物産(株)ショールームで、同社とのコラボレーション企画も含めたラグ&マットおよびカーペット、手織り絨毯の2012秋冬商品提案会を開催、日常を大切に・バランスよく暮らすこと(柔らか頭で考える賢い選択)をテーマとして、インテリアの上級者が多い30代の女性に満足頂ける‘若返る売場づくり’を提案した。その視点から、イタリアンティスト「コモコローレ」第3弾の新デザインや、アメリカ「タフェンケン」ブランドの導入などを織り込んだ3つのMDプランを策定し、売場の問題解決にチャレンジする。

そのMDプランの1つ目は『素材と手の仕事にこだわって企画した商品群』で、ウールを中心とした自然志向の展開である。原産国はインド。商品別には以下の5点。
(1)自然の色・素材の「ノマディック2」は、ナチュラル感を強調している。(2)「ノマドナチュラ」はシンプルなデザイン。同じくシンプルな「ノマドカラーズ」はリーズナブルで敷き映えする。(3)(4)、インドの宮廷デザインをアレンジしたラグ&マット「マハールパレス」、ほか3品種の「フリースループ」、「シルクレーン」「ウールフラワー」は多様な素材で構成。(5)素朴な味わいの「ウールプレーン」、シンプルモダンの「クラフトバーバー」。いずれもカラーミックスの平織。

2つ目は『伝え続けられた技や柄を生かして企画した商品群』。商品別は以下の4点。
(1)伝統的なデザインパターンをモダンにカラーリングした「オーラ」は‘賢い選択’を促す一押し商品である。(2)高い密度のチベット織り手法の逸品「キレンザン」(原産・中国)は幾何学模様の連続パターンでシャープ感のある商品など揃えた。(3)ヨーロッパ好みのペルシア柄を綿密な織りとパイル長10.0?に仕上げた「マキシマ」と、一部シルク使いのパイル長8.6?の「サラワク」。それに、(4)ペルシアの産地で人気のデザインを再現した「ジュエル」の原産国はベルギー。もう1つ、ペルシア絨毯の産地、イランで製造された高級ウィルトンカーペット「スーパーイスファハン」。

3つ目は『ブランド・カーペット』。商品別には以下の3点。
(1)人気のデザイナーズブランド「タフェンケン」の新規導入。ニューヨークから発信されるアルメニア・ネパール産ラグカーペットの新しい波。伝統的な意匠をアレンジしたモダンな感覚のデザインである。(2)デザインにイタリアンティストを取り入れた、上質で手触りの良いコットン使いの高級モケットカーペット「コモコローレ」(原産・ベルギー)、大人気の第3弾コレクションである。(3)「ピエールカルダン」の絨毯(原産・トルコ)は3種類の新デザインを取り入れた。

以上のほか、ワゴンセール企画、パキスタン「手織り絨毯」名品展や部族民の素敵な絨毯展等のイベント企画の提案、さらに、オーダーカーペットコレクションの展示もあった。