ユナイテッドアローズ京都店移転 新店舗に「表参道コーヒー」併設

写真拡大

 ユナイテッドアローズが、9月上旬に「ユナイテッドアローズ 京都店」を路面店として移転オープンする。新店舗には、コーヒースタンド「OMOTESANDO KOFFEE(表参道コーヒー)」がコーナー出店。ユナイテッドアローズは、5月に開業した東京ソラマチ内にコーヒー専門店「BE A GOOD NEIGHBOR」を併設した「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)」をオープンしている。 ユナイテッドアローズ京都が路面店にの画像を拡大

 「ユナイテッドアローズ 京都店」は、寺町通の藤井大丸1階・2階から四条通へと移転。店舗面積は233.4坪で2フロア構成を予定。「豊かさ・上質感」をキーワードに、商品・サービス・空間のクオリティを揃えたグレード感あふれるショップに生まれ変わる。店内では、「ユナイテッドアローズ 京都店」に加えて、「ユナイテッドアローズ京都 セブンスクラブ」を展開。国内外の注目ブランドから全てのオリジナル企画レーベルまで、幅広いラインナップを実現する。 コーヒースタンド「OMOTESANDO KOFFEE」の併設は、同社が中期事業戦略として掲げる「No.1の高感度ファッション専門店グループ」の地位確立を目指し、ファッション以外の生活雑貨、飲食など新ドメインへ進出することを目的とした新たな取り組みの一つ。「ユナイテッドアローズ 京都店」の1階に、四角をデザインモチーフとしたブースを設置。国内焙煎の豆を使用したこだわりのコーヒーと、真四角のコーヒー菓子を提供する。 「ユナイテッドアローズ 京都店」が出店していた藤井大丸2階には、「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 京都店」が8月1日に出店。現在の「ユナイテッドアローズ 京都店」は7月31日をもって閉店となるが、8月1日から19日までは藤井大丸7階の仮店舗で営業される。