【東京・新橋】肉屋だけど焼肉屋もやっている新業種店が美味で大人気 / 近江牛肉店

写真拡大

肉屋なのに焼肉屋もやっている店が、東京・新橋で大人気だという。そのお店の名称は『近江牛肉店』。あの高級牛肉の近江牛がメインの店だ。肉屋がやっている焼肉屋なのだから、まずいはずがない! と思いつつ、実際に食べにいってみることにした。美味しければいいのだが……。

店舗があるのはJR新橋駅から徒歩3分ほどの場所。店頭はまさに肉屋といったかまえで、街の肉屋さんと同じようにカウンターごしに肉を購入することができる。そのカウンターの横に入り口があり、中に入ると焼肉屋となている。会社帰りのサラリーマンやOLたちで賑わっていた。
 
・近江牛であることを考えると安い
最近の焼肉屋は、200〜300円の安くて美味しい肉を提供する店が増えている。近江牛肉店の焼肉はそこまで激安ではないものの、「近江牛」の肉でありながらカルビを790円という低価格で提供している。普通の肉でさえ800円以上する焼肉屋が普通にあるのだから、そう考えれば安いといわざるを得ない。
 
・謎の赤皿と白皿の正体
お店がオススメしている料理に、赤皿と白皿がある。赤皿は赤身のあらゆる肉を1枚ずつ盛り合わせにしたもので、白皿はホルモン系が盛り合わせになっているもの。1150〜1300円で注文でき、どの肉がどれだけ美味しいのか食べ比べをすることが可能だ。近江牛の希少部位も入っているので、必ず注文したい一品である。ただし量は少ない。
 
・ホルモン系も充実
近江牛の赤みだけでなく、タンやホルモンの種類も充実していた。どれも600円台から食べることができ、特に記者がオススメしたいのは750円のシマチョウ。タレにクセがなく、シマチョウのキュッとした歯ごたえが美味。ただし、ホルモンを徹底して堪能したいという人は、ここではなくホルモン専門の焼肉屋で食べたほうがいいだろう。
 
・難点もある
店内が非常に狭いのが難点で、大人数で行くと入れないことがある。また、その狭さゆえに煙とニオイにまみれてしまうことも覚悟しなくてはならない。ベストな状態で行くには、ニオイがついてもいい服装で2〜4人で行き、焼肉を食べたらあとは帰るだけというシチュエーション。また、肉屋ではカルビやロースは販売しないそうで、珍しい部位などをメインに販売するという。カルビ好きな人はお店で食べて帰ったほうがよさそうだ。
 
・高級志向ではなく完全サラリーマン向け
会社帰りにビールをグイッと飲んでカァーーーッ! という気分になりつつ、ほどよく焼けた香ばしい焼肉に舌鼓を打つ。まさにサラリーマンやOLにとって楽園のような場所といえよう。ここで焼肉とビールを堪能し、2軒目は酒場でイカ焼きをツマミにグイッと日本酒を飲む。いい流れだ。
 
・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 近江牛肉店
住所 東京都港区新橋4-20-3 市兼ビル1F
時間 平日17:00〜23:30 / 土日祝17:00〜22:30
休日 不定休
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る