金利・手数料・リアルタイム性が決め手! 住信SBIネット銀”外貨預金”の魅力は?

写真拡大

国内のメガバンクの定期預金に預けても、高い金利は期待できない。

だが、株式などの投資をするほどの金融知識はない。

そうした人にとって、身近な金融商品といえるのが「外貨預金」ではないだろうか。

そうした中、ネット銀行の住信SBIネット銀行では、金利、手数料などにおいて、顧客にとってメリットのある「外貨預金」サービスを提供している。

今回は、同行の外貨預金サービスについて、マーケティング推進部の村瀬亮太氏にお話を伺った。

――御行では、いつから「外貨預金」サービスを開始したのでしょうか?当行は、3つのコンセプトを掲げて創業いたしました。

まず第1は「ネット銀行ならではのメリットを、手数料、金利においてお客様に提供する」、第2は「ネットならではのリアルタイム性などを生かしたサービスを提供する」、第3は「グループ会社のSBI証券と連携したサービスを提供する」、です。

当行は、2007年の開業時から、外貨預金サービスを提供しておりますが、今挙げた3つのコンセプトのうち、第1と第2の点を、外貨預金においても提供したいと考えていました。

つまり、ネット銀行ならではの手数料、金利。

また、為替相場は常に動いていますので、リアルタイムのレートでお客様に取引いただくことで、結果としてお客様の”為替利益”などに貢献できるようなサービスの提供を目指してきました。

サービス開始時の取引通貨は、米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、香港ドル、ポンド、スイスフランの8通貨でしたが、2010年の1月に南アフリカランドを追加しましたので、現在は9通貨の取引ができます。

――なるほど、創業当初のコンセプトの2つの点を、外貨預金でも反映させているわけですね。

最初に挙げました「ネット銀行ならではの金利と手数料」ですが、金利については、他行の金利を意識しながら、よりよい金利をご提供できるようにしております。

他行というのは、主要なネット銀行と当行が意識する数行です。

手数料については、開業当初から他行比で魅力ある水準を用意していたんですけれども、お客様の声をさらに反映させようということで、2010年12月に一度手数料の見直しを行いました。

この際には、米ドル・ユーロでは特に他行比で圧倒的に優位な手数料水準を提供しようということで、米ドルですと片道9銭、ユーロですと片道15銭で提供しました。

実際に取引なさったことのない方にはなかなかイメージしにくいことかもしれませんけど、例えばメガバンクで米ドルが片道1円(100銭)、ユーロが片道1.5円(150銭)かかってきますから、これらと比べても魅力がありますし、他のネット銀行でも、米ドル片道20銭などといったところが最も低い水準としてありますので、それと比べても、当行はよりお客様に有利な手数料体系を提供しているといえると思います。

――なぜそういう低い水準の手数料が実現できているのでしょうか?当行は他のネット銀行に比べると後発ですので、手数料や金利に魅力がないと、勝ち残れなかったというのがまずあります。

また、他行と比べて優位な手数料・金利でも耐えられるような社内体制を構築してきました。

例えば、業務部門の管理費のコスト削減ですとか、システム面でのコスト削減などです。

――お客さんの反応はいかがでしょうか?特にこの1〜2年というのは、当行の外貨預金の伸びのペースが他行に比べても非常な勢いで伸びていまして、ネット銀行で最も外貨預金の残高が多いとみられるソニー銀行を猛追する勢いです。

――御行でも、「外貨預金」サービスに相当力を入れているわけですね。

ところで、今の若い人などは、貯蓄志向が非常に高いといわれています。