Meizu、クアッドコアCPU搭載Android 4.0 ICSスマートフォン「Meizu MX Quadcore」を香港で発売

ゼロから始めるスマートフォン

中国メーカー「Meizu」は、クアッドコアCPUを搭載したスマートフォン「Meixu MX Quadcore」を2012年6月30日(土)に香港で発売開始しています。

当日販売は事前予約分のみということですが、売り場は入場制限がかかるほどのもの凄い人だかりができたそうです。

SoCは「GALAXY SIII」のグローバルモデルと同じサムスン電子製「Exynos 4412」を採用し、最大周波数1.4GHzのクアッドコアCPUを搭載しています。RAMは1GBで、ROMは32GBと64GBの2モデルが存在。かなりのハイスペック機種となります。OSはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)をベースに独自にカスタマイズした「Flyme OS 1.0」を採用します。

その他、ディスプレイはシャープ製の4.0インチDoubleVGA(960×640)液晶、カメラは背面800万画素(裏面照射型CMOS)/前面30万画素、バッテリー容量は1,700mAhという構成。対応周波数は2G(GSM):850/900/1800/1900、3G(WCDMA):850/900/1700/1900/2100。端末サイズは121.3×63.3×10.3mm、重さは139gとなっています。

なお、情報元のショップ「KAIMONOTAI」では、販売および日本への発送も行なっています。価格は32GBモデルで38,300円、64GBモデルで48,300円。取り寄せ商品となり、入金確認後、6日〜7日後の発送になるということです。



ゼロから始めるスマートフォン
中国MeizuがクアッドコアCPU搭載スマートフォン「Meizu MX Quadcore」を香港で発売 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
MEIZU
Kaimonotai Blog ≫ Blog Archive ≫ Meizuの人気モデルMeizu MXにハイエンドのクアッドコア端末Meizu MX Quadcoreが登場。本日より香港にて一斉に発売開始 - すごい人だかりです.