機内にシャワースパ完備 - エミレーツの豪華エアバスA380運航開始

写真拡大

オール2階建てのエアバスの最新鋭機A380。

中でも機内にシャワースパやソファ付きのラウンジがあるなど、豪華さで話題のエミレーツ航空のA380が7月1日17時39分、成田空港の66番ゲートに到着した。

この日から成田 - ドバイ間への就航を開始し、その第1便が到着したのだ。

公開された機内に入ると、まず1階はすべてエコノミークラスだが、その広さに圧倒された。

旅客機が全体的に小さくなっている各社の日本路線だが、エミレーツは大型化を進める数少ないエアライン。

これだけ広々とした飛行機で行くと、旅もゆったりした気分になるのは間違いない。

座席数が多く、エコノミークラスも4つのブロックに分かれる。

シートピッチ(座席の前後間隔)の広い各ブロックの一番前の席の数も、自然と多くなっている。

話題のシャワースパは、2階前方のファーストクラスに2基設置。

ウッディなインテリアに、水温コントローラーや床暖房が完備された機内とは思えない本格的スパだ。

ビジネスクラスの最後尾にあるラウンジでは充実したドリンクやスナックを揃え、カウンターだけでなくソファもあり、リラックスの度合いが他社を上回る。

ファーストクラスは電動式のドアで仕切られ、座席というよりもはや”個室”。

フルフラットベッドになるのはもちろん、ミニバーやアメニティ類も備え付けられている。

ビジネスクラスは横1 - 2 - 1の配列で、窓側は1人だけのまさにプライベート空間。

シートはフラットベッドになり、ビジネスクラスではまず見ないミニバーまである。

エミレーツは今年10月で日本就航10周年を迎えるが、記念すべき年に話題のA380を就航するのは「日本線を重要路線と考えているから」とその理由をコメント。

さらに、「エミレーツはドバイだけでなく、その先、ヨーロッパやアフリカ、中東、北米・南米へのフライトも充実しており、ネットワークを拡大中のエアラインだ」と続けた。

※エミレーツエアバスA380の詳細版は後日掲載します