車両基地との相性が抜群だった

写真拡大


先日、とある鉄道の車両基地に行ってきたところ、
至る所に外蛇口があった。
車両基地と外蛇口は蜜月の関係にあるようだ。鉄壁のフェンスで守られているため
容易に撮影できないところを何とか収めた一枚。
何人たりとも寄せ付けない緊張感が漂う。



外蛇口の両脇に佇む機械が物々しい。
コンクリートの壁から3口も出ているのに
実際に接続されているのは1機のみだ。
残りの2機は目の届かない場所から
秘密裏に供給されているようだ。



紫陽花でカモフラージュされたのもいた。
こちらは車両基地外にあるためか、
一目で外蛇口とわかるようにしてあるようだ。
すぐに使えるようなアピールをしていた。


こちらは使えると見せかけておきながら
特定の者にしか実は使えないタイプだ。
便利な場所で使うためには
それなりの努力が必要なようだ。


こちらも基地の外にあるものだ。
コンビニエンスな店舗脇にあるために
なかなか気がつきにくい。
この存在を知っているかどうかが
鍵になるのであろう。

この場所はかなり難易度が高い。
撮った時には自分でも気がつかなかったほど、
意外な場所にあった。


車両基地では車両の整備だけでなく
清掃などもするせいか、とても外蛇口が多い。
自由に見学できる基地があれば、
その中は外蛇口天国と言っていいと思う。

車両基地と外蛇口の相性はやはり抜群だったのだ。