ハイブランドの身につけ方をスタイリストが指南「ブランド・パスポート」発売

写真拡大

 ハイブランドの正しい身につけ方を指南してくれる単行本「BRAND PASSPORT(ブランド・パスポート)」が、産業編集センターから発行された。著者は東京を拠点に活躍するセレブ・スタイリスト、Die-co★(ダイコ★)。「ガンバって買ったが実際に持つとしっくりこない」「何を選んだらいいか分からない」と感じたことがある女性に向け、ブランドの背景から取り入れ方まで、アイコンアイテムやコレクション写真とともに手ほどきする。価格は1,680円。 ハイブランドの指南書の画像を拡大

 「BRAND PASSPORT」は、「BOUCHERON(ブシュロン)」「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」「Chloé(クロエ)」などDie-co★選りすぐりの12ブランドと、3つのコラムで構成。ブランドやファッションに対する正しい知識を身につけることが、自分のあるべき姿を見つけることに繋がるとし、ブランドの歴史や特徴、代名詞となっているアイテムなど、分かりやすい言葉で解説されている。また、ブランドごとに様々な女性像を掲げ、テイストや理想とするスタイルに沿って紹介。コラムでは、高級子供服の「Bonpoint(ボンポワン)」、キング・オブ・カシミア「lucien pellat-finet(ルシアン ペラフィネ)」、そして「vanessabruno(ヴァネッサ・ブリューノ)」の3ブランドに焦点が当てられた。 自身初の書籍を執筆したDie-co★は、雑誌・テレビ・映画・舞台等、スタイリングから衣装製作のディレクションまで幅広く活動するスタイリスト。文化服装学院アパレルデザイン科を卒業し、「男は男らしく、女は女らしく」をモットーに、ドラマティックで完成度の高いビジュアルやスタイリングを手掛けている。7月22日には、リブロ池袋本店でハイブランドの身につけ方についてミニセミナーの開催が予定されている。