「JK」にこだわる男性の理由とは?


「JK」にこだわる男性の気持ちって何でしょうか。その理由に迫ってみました。(JK=女子高生の略)









■制服が好きだから



もともと日本人は制服好き。



ナース、スッチー、ミニスカポリス、メイド……などなど、制服コスプレのレパートリーを挙げればきりがありません。



制服を着ていると、不思議とだれでもかわいく見えるもの。「かわいさ2割増し」の魔力に惹かれるのかもしれません。



■若くて怖いものなしだから



15〜18歳という、とにかく若いJK。若さゆえ物おじしません。



そんな怖いもの知らずな「お姫様」なところにぐっとくるのかもしれません。



JKはまた、大人でもない子供でもない存在です。



中学生は子供、大学生は大人。その中間にいる不思議な立ち位置に魅力を感じるのかも。



■飾らない美しさがあるから



子供からだんだんと大人になり、成熟していく途中にあるJK。そんな10代の乙女には目を見張る美しさがあるといえそうです。



校則のため、化粧をせず、黒髪の子が多いのもポイント。



なま足に短いスカート、黒髪、すっぴん、といった姿は、普段なかなか目にすることができないので、希少性が高そうです。



■青春時代を思い出すから



だれしも高校時代にほろ苦い恋の思い出を抱えているもの。



ずっと好きだった先輩に告白できなかった、同級生に告白したけれどふられてしまった…などといった、あのころ成就しなかった恋を思い出して、JKに固執してしまうのかもしれません。



「涼宮ハルヒの憂鬱 」「金田一少年の事件簿 」「スラムダンク」「桜蘭高校ホスト部」 「化物語 」「けいおん!」「らんま1/2」などなど、主人公が高校生の漫画やアニメが多いのも一因かも。





■保護本能がくすぐられるから



高校生のころは、教室にいる女子のことを何とも思わなかった彼ら。



でも卒業をすると、彼女たちの魅力に目覚めるのだとか。



少し年下で頼りないけれど、天真らんまんな姿に「オレがお兄ちゃんとして、守ってあげるぞ!」という思考が働くのかもしれません。



■おわりに



いかがでしたか?



近くて遠い存在、JK。たった三年間だけ与えられる称号、それがJKなのかもしれません。



(きっちょん/ハウコレ)