知っておきたい世界の話 茶道




『へうげもの』という漫画を知っていますか? 茶聖・千利休の高弟、古田織部を主人公に据え、「茶道の世界」がどういう物かを見せてくれます。この漫画はアニメになるほどの人気作で、つまり「教養としての茶道」にいかに多くの人が興味を持っているかを示しているように思われます。



ただ、茶道の世界が普通の人にとって敷居が高いのは事実です。何から始めていいのかもよくわからないのではないでしょうか。初心者のための茶道について、茶道裏千家、準教授の坂井宗季さんにお話を伺いました。



■なんと421年の伝統が!



――まず非常に基本的なことを伺います。茶道はいつからあるんでしょうか。



坂井準教授 茶道の前にお茶の話をしましょう。お茶を飲む風習は奈良時代に中国から伝わりました。遣唐使や中国に留学に行った禅僧が伝えたと言われています。



――日本にお茶はそもそもなかったんですか?



坂井準教授 そうですね。平安時代に最澄がお茶の種を日本に持ち帰って、比叡山の麓に植えたのが栽培の最初だそうです。



――それはまた随分古い話ですね。



坂井準教授 その後、お茶の文化が徐々に日本に根付きました。今の茶道の原型になったのは、室町時代の後期に村田珠光という方が開いた「わび茶」です。村田紹鴎という方がそれを受け継いでさらに発展させました。そしてみなさん御存じの千利休さんの登場です。わび茶の流れが千利休によって茶道として確立されたわけです。



――なるほど。千利休がいきなり作ったわけではないんですね。利休の後はどうなったんでしょうか。



坂井準教授 千利休の孫の宗旦(そうたん)という人がいまして。この宗旦の3人の息子がそれぞれに派を作ります。これが三大千家と言われるもので、表千家、裏千家、武者小路家ですね。この三家が今も受け継がれています。



――坂井さんは裏千家の準教授をされているわけですが、それぞれの三家に家元が代々おられるのでしょうか。



坂井準教授 そうです。ちなみに裏千家の場合には現在、第16代の家元になります。



――16代! 長いですね。



坂井準教授 初代の千利休が亡くなったのが1591年ですから。421年も続いていることになりますね。



■茶道とは伝統芸能の総合芸術である



――長い伝統があって、それだけ奥深いと思うのですが、茶道の魅力って何でしょうか。



坂井準教授 日本の伝統芸術の集大成の空間だということでしょうか。茶花はもちろん、お菓子やお道具で日本の美しい四季を表現する職人技が一堂に会している世界です。そして、季節を感じられる=自然の恩恵を受けている癒しの空間である、と私は考えています。



――普段忙しい人ほど静かなお茶席は魅力でしょうね。



坂井準教授 お点前をしている時は自分と向き合う時間です。茶室はお湯の沸く音、着物のきぬ擦れの音、茶せんを振る音だけが耳に入る静寂で清らかな空間です。非日常の空間で、自分の気持ちを整えてリフレッシュできるのでどんなに疲れて倒れそうになっても、お茶をたてるだけで元気になるんですね。私は「茶の湯セラピスト」を目指しています(笑)。



■お茶を始めるには



――なるほど。お茶を始めたいという人はどうすれば良いでしょうか。



坂井準教授 正式に入門を考えているのであれば、経験者を通して紹介いただくのが一番だと思います。ただし、流派よってそれぞれお点前などが異なりますので、途中でやめて違う流派に入門となると、一からの修行になる可能性があります。気になる方は事前に情報を集めて決めることをお勧めします。



――まったくゼロからお茶を始めるには何が要りますか? またそれはいくらなんでしょうか?



坂井準教授 袱紗(ふくさ)などのお茶の席に出るための持ち物が一式必要です(以下を参照)。それに先生に入門するのでしたら、ごあいさつに伺う必要がありますので、菓子折り、入門料をお持ちするのが礼儀ですね。



■ゼロから茶道を始めるのにかかるコスト



●袱紗(ふくさ) 5,000円〜

●懐紙 600円〜

●楊枝(金属製) 600円〜

●小袱紗(こぶくさ) 5,000円〜

●小茶巾入れ 500円〜

●扇子 1,200円〜



●先生に入門時にお礼

先生へ持って行く菓子折り 3,000円〜

先生に包むお金 5000円〜10,000円より



合計:20,900円〜



――そんなに高くはないんですね。



坂井準教授 凝りだすときりがありませんが、最初から高価な物を購入しなくてもいいと思いますよ。



――茶碗とかは揃えなくてもいいんでしょうか。



坂井準教授 亭主になるのでしたら茶道具が必要ですが、作法を知らない内に最初から亭主になることはできませんので、最初は必要ないですね。



――正式なお茶会ではなく、家でお茶をたてたいという場合には?



坂井準教授 そういう場合は茶せんは必須、お茶わんはカフェオレボールでも代用できるとお勧めしています。



――なるほど。着物とかは必要ないのでしょうか?



坂井準教授 お茶会に招かれた場合は必要になりますが、普段のおけいこの際には洋服でいいでしょう。実際、おけいこは洋服でやってますよ。



――正式に入門せずに、少しお茶の世界をのぞいてみたいということは可能でしょうか?



坂井準教授 「ちょっと経験してみたい」ということであれば、今は初心者向けの体験レッスンを開催している、若い方々が運営している和の教室があるので、自分に合った条件をWebなどで検索してみるのが良いです。こちらは体験したら入門しなければならない、ということはないはずです。



茶道の世界も、どうも非常に奥深いようです。少しのぞいてみるとその面白さにハマってしまうかもしれません。みなさん、茶道に興味はありますか?







(高橋モータース@dcp)



坂井宗季さんのサイト

http://ameblo.jp/kishun/