青山ケンネルインターナショナルに聞く! 最近のペット事情




日本もだんだんペットに寛容な国になってきました。ペットOKなマンション、ホテルもずいぶん増えています。最近のペット事情について、青山ケンネルインターナショナル株式会社の冨安麻生さん、諸橋麻美さんにお話を伺いました。取材先が青山ケンネルインターナショナルさんなので「犬」の話でございます。



■人気第1位はやっぱりトイプー



――最近、人気の犬種はどんなものでしょうか。



冨安さん 1位はトイプードルでしょうか。一般的にはチワワ、ミニチュア・ダックスフントになりますか。弊社の場合ですと、トイプードル以外だとヨークシャーテリアやシーズーなどが定番です。そのほかにはノーフォークテリアを探して来られる方が多いかと思います。



諸橋さん やっぱり小型犬の需要が多いですね。なかなか広いお庭がない日本の住環境の影響だと思いますが。



――購入される方の住環境をどのように把握されてますか?



冨安さん やはりマンション住まいの方が多いように思います。ペットOKのマンションが増えてきていますし。もちろん一軒家にお住まいの方もおられますが。



――こちらでは中型犬や大型犬を扱っておられないんでしょうか。



冨安さん そうですね。さっき申し上げたような小型犬を探して来られるお客さまが多いものですから。



■カップルで来店する人が多い



――最近ペットを購入される方に何か特徴がありますか?



冨安さん うーん、特に昔と変わったというのはないかと……。ただ、カップルとかご夫婦とか、男女のカップルで来られる方が多いような気がします。



――なぜそういう傾向になっているのでしょうか?



冨安さん もしかしたらですが、昔は見ていてフラッと入って購入するという方が多かったのかもしれません。でも、最近では、ご夫婦やカップルで「飼う」ことをもう決めていて、あちこちを見て回られるのが多いのかもしれません。「いろいろ見てるんだけど」とお店に入って来られる方が多くなっているんでしょう。



――お店に来る前にもう飼うことを決めているお客さんが多いんですね。



冨安さん そうですね。犬種も決めている方が多いです。



――なるほど。1人で来られるお客さんは男女どちらが多いのでしょうか?



冨安さん 女性の方が多いですね。



■女の子の方が高価です



――人気のある犬種の価格はどのくらいでしょうか?



諸橋さん 20万円〜30万円ぐらいでしょうか。犬種、血統や性別を決めて来店される方が多いので、その上で実際にその子を見て気に入って購入されますから……あまり価格で決めるという方はおられないですよ。



――性別によって価格が変わるんですか?



冨安さん 女の子の方が若干お値段は上ですね(笑)。



――えっ! 知りませんでした。それは繁殖できるからという理由でしょうか?



冨安さん そうですね(笑)。



――どの犬種でも女の子の方が高いんでしょうか?



冨安さん そうです。



■マルモはやっぱり影響力あり



――『動物のお医者さん』(佐々木倫子さんの人気漫画)が流行(はや)った時には、シベリアンハスキーが全国的な人気犬種になるみたいなことがありましたが、最近そういった大流行はありますか?



諸橋さん かつてのスピッツやシベリアンハスキーほどではありませんが、ドラマにワンちゃんが登場していたりするとその犬を購入したいお客さまが来られる、みたいなことはありますよ。



――なるほど。最近の例では?



諸橋さん ミニチュアシュナウザーでしょうか。『マルモのおきて』に出演していたので、お客さまのお問い合わせが増えたりとか。



■犬も歯を磨くのだ



――ペットグッズで売れているものはあるでしょうか。



諸橋さん やはり、ペットシートなどの日常使いのグッズが多いですよ。弊社の場合にはこだわりのフードやシャンプーなどを仕入れていまして、そのリピーターの方も多いですね。



――変わったものが何かありましたら。



諸橋さん 歯ブラシがあるのをご存じですか?



――犬も歯を磨く時代なんですね。それは毎日磨くんでしょうか?



諸橋さん 理想は毎日ですね(笑)。



日本の住環境のせいですが、小型犬種の人気はどうも盤石なようです。しかし、自分だけでなく、犬の歯も毎日磨くとなると最近の飼い主さんは大変ですね(笑)。







(高橋モータース@dcp)



青山ケンネルインターナショナルさんのサイト

http://www.kennel.jp/