韓国の結婚情報会社カヨンとアンチシングルが、韓国内の成人男女300人を対象として、男女の外見や服装などに関する調査を行いその結果を29日に明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国メディアは、「男性の42%、露出の多い服装の女性『軽く見える』」などと題し、露出が多い服装をした女性に対して、男性の半分以上が否定的な感情を持っていることが分かったと伝えた。  調査結果によると、「体形がはっきりわかる服装をした異性に対しどう思うか?」との質問に、男性の42%が「軽く見える」と答え、露出の多い女性に対して否定感を表した。また「セクシーだ」と思う男性も37%おり、次に「わざわざ誇示しようと思うようで苦手」の21%が続いた。

 一方で、体形がはっきり分かる服装を着た男性について、女性は38%が 「元気そうに見える」と答え、男性と異なり、比較的肯定的に受け入れていることが分かった。次に「わざわざ誇示しようとしているようで抵抗感がある」が36%だった。

 また、「あなたはどうして体型の管理をするか?」に対する質問には男女それぞれ51%、54%が「自己満足」と回答した。さらに男性は 27%が「異性によく見られたいため」、22%が「健康のため」と答え、女性もそれぞれ 32%、14%が「異性によく見られたいため」「健康のため」と答えた。

 カヨン社の関係者は「あまり露出した服装は異性から先入観や不快感を抱かれやすいので、適当な線で自分の個性を表した方が良い」と助言した。(編集担当:李信恵・山口幸治)