メニコンのコンタクト「Magic」がカンヌライオンズでゴールド賞を獲得

写真拡大

メニコンはこのほど、同社の1日使い捨てコンタクトレンズ「Magic(マジック)」が、カンヌライオンズをはじめとした、世界三大広告賞のデザイン部門においてゴールド(金賞)を受賞したことを発表した。

世界三大広告賞とは、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)、ワンショー(THE ONE SHOW)、クリオ賞(CLIO AWARDS)の、3つの広告賞を指す。

その中でも、カンヌライオンズは、規模の大きさ、審査員構成、入賞作品のレベルの高さなどから、数ある国際広告賞の中で最も高い評価を得ている広告賞という。

同賞は6月17日〜23日まで開催された。

同社は、「毎日使うものだからこそ、愛着を持って大事に使ってもらいたい」という思いから、パッケージデザインにもこだわりを持って開発を行ってきたという。

その結果、 パッケージデザインだけでなく、商品名称、ロゴシステム、ブランドサイト、交通広告、タブロイド広告、ショッピングバッグをはじめとした店頭ツールまで、コミュニケーション全般にわたって集約されたプロモーションとして評価を受け、今回の受賞にいたったとのこと。

同製品は、新開発の「フラットパック技術」で、薄さ1mm、世界最薄のパッケージを実現。

取り出しやすく、レンズの内面に触れにくい容器で、より”快適性”が向上しているという。

また、フラットな形状で、携帯や保管に便利な ”利便性”や、パッケージデザインのバリエーションによる”楽しみ”も加わった、1日使い捨て終日装用ソフトコンタクトレンズだ。

5月から、同社直営店(一部店舗を除く)にて限定販売を開始。

また、8月からは、順次全国の一般店への導入を予定している。

価格は30枚入り、3,150円。

9枚入り、1,050円。