落ちない「あごのたるみ」には「咀嚼筋エクササイズ」を-ドクターシーラボ

写真拡大

皮膚の専門家がつくった“メディカルコスメ”のドクターシーラボが監修する「顔のたるみ研究所」は、「あごのたるみ」に関するアンケート調査結果を公開した。

調査はインターネットにて行なわれ、対象は20代〜70代のドクターシーラボ会員497名。

「あごのたるみを気にしたことはありますか?」という質問では、84%が気にしていると回答したが、「あごのたるみに対して何かケアをしていますか?」という質問に対しては72%が「ケアをしていない」と回答。

悩みを抱えながらも打つ手がない様子が見てとれた。

あごのたるみに「悩んでいる」と回答した人に「あごのたるみに気付いたのは何歳ですか?」と質問したところ、すでに20代から悩み始めている人は18%と意外に多く、30代〜40代では68%となった。

40代までに大半の人が「あごのたるみ」に気付いており、平均年齢は39.4歳となる。

「他人の二重あごが気になるときはどんな時?」という質問に対しては、「普通の状態でも二重あごであれば気になる」(41%)がダントツの1位。

女性の2人に1人が「常に」他人の二重あごも気にしているという結果に。

また、生活に関する質問では「無表情の時間が長い」という「たるみ」を引き起こす問題が習慣化している人が多いこともわかった。

あごは一度たるむとなかなか脂肪を落とすことができない難しい部位。

いくら顔に対してたるみケアを施したりキレイに化粧したとしても、ぼやけたフェイスラインではスッキリとした印象を得ることができない。

今回「顔のたるみ研究所」では「あごのたるみ」を生活習慣から見直すとともに、7日間であご周りの脂肪を落とす「咀嚼エクササイズ」を紹介している。

食事は、噛む回数が多いほど、「たるみ」にはよい効果をもたらす。

また「たるみ予防」のほかにも、噛むことによってあごの筋肉が動き、脳が活性化され、消化液(唾液)の分泌が多くなり消化を助けるなどの効果が得られる。

たくさん噛むことができる根菜などの素材を積極的に摂取する、食材を大きくカットして食事を作るなどの、ちょっとした工夫も有効だという。