28日、桜は韓国起源であると韓国人が主張していることに対する中国ネット掲示板の反応がサーチナで報じられたが、韓国ではメディア各社やネット掲示板で、長年、「桜韓国起源説」が唱えられている。

2011年4月14日付けの韓国の新聞朝鮮日報によると、韓国の「ワンボットナム」と呼ばれる桜は、1901年に東京で発見され日本原産の桜とされていたが、後に韓国原産であることが分かり、1933年植物学者の小泉源一が「日本桜の韓国起源論」を発表したという。

しかし、記事では韓国では桜は観賞用ではなく木材として使われており、韓国の植物学者の言葉を引用し、「問題は原産地ではない。桜の出生を日本とする見方は文化的問題」としている。

また、韓国のネット掲示板「DCinside」における桜の原産地に関する議論では、「桜は韓国のものだ」「花見をする時は韓国に感謝しろ」「桜が日本の花だという主張は間違っている」など、桜の起源を韓国とする意見が多く寄せられた。

その一方で、「日本の古い桜の木は2300年前のものだそうだが韓国にあるのは古いもので300年くらいしかない」「済州島はかつて朝鮮半島とは別の国だった」など、韓国起源に疑問を呈する意見も目立つ。

ほかにも、「最近の韓国人は花見で盛り上がる一方、日本の花だというイメージからの心の葛藤を解消したいからであろう」と、「桜韓国起源説」を唱えるユーザーの心理状態を分析する書き込みもみられた。

【関連記事】
【韓国BBS】日本が奪ったもの、済州島が原産地の「桜の木」 
「寿司、醤油、味噌、うどんの起源は韓国」と一部韓国人主張
韓国の毎日新聞に「合気道は韓国が最初、日本に渡り発展」と記載! 実際はどうなの?

【関連情報】
 桜?日本産ではない。 “済州産”が正しい(朝鮮日報<韓国語>)