【女性編】あると便利な買い置き食材ランキング


コレさえあれば、何でも作れる!





疲れて帰ってきて、「今日は何にも作る気が起きない」というときもありますよね。そんなときのために、コレがあればすぐに一食できるという食材を買い置きしておくと便利です。女性が考える「あると便利な買い置き食材」をランキングしました。忙しくて買い物に行けないときにも助かりますよ。





Q.あると便利な買い置き食材を教えてください(複数回答)

1位 インスタントラーメン 37.5%

1位 ツナ缶詰 37.5%

2位 レトルトカレー 29.5%

3位 パスタ 29.3%

4位 冷凍うどん 20.3%

5位 トマト缶詰 19.3%







■インスタントラーメン

・「おなかがすいたときに、すぐ食べられるから」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「楽に作ることができて、ボリュームもある」(24歳/学校・教育関連/専門職)

・「何も作る気が起きないときに、便利です」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「困ったときの一食は大事。3分待てば食べられるのは幸せ」(25歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





■ツナ缶詰

・「ツナがあれば、和食でもパスタでも何でも作ることができる」(29歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「ツナとコンブの炊き込みご飯は、すぐにできるし美味しい」(31歳/金融・証券/専門職)

・「手を加えればメインに、面倒なときはツナマヨにしてご飯のおかずにしてしまう」(32歳/小売店/事務系専門職)





■レトルトカレー

・「ごはんは冷凍のストックがあるので、おなかがすいたら冷凍ごはんをレンジであたため、レトルトカレーをゆでるだけでちゃんとしたご飯ができる」(28歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「ごはんにかけても麺類にかけても美味しい」(24歳/学校・教育関連/専門職)

・「電子レンジだけで調理できるものも多いから」(22歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)





■パスタ

・「時間がないとき、ごはんを炊くより短時間でできる」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

・「冷蔵庫の中にある材料と組み合わせれば、美味しいパスタが作れる」(44歳/建設・土木/専門職)

・「その日あるもので、いろんな種類のものが作れるから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)





■冷凍うどん

・「レンジでチンして、卵としょうゆで釜玉ができる」(39歳/生保・損保/営業職)

・「風邪をひいたときでも、おなかに優しいから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「うどんを作るのも簡単だし、安くておいしいから」(31歳/その他)





■トマト缶詰

・「鶏肉やパスタなど、何でも使えるので重宝している」(27歳/食品・飲料/営業職)

・「取りあえずトマト缶で煮込むとオシャレっぽくなる。野菜もとれていると思える。冷凍して少しずつ使うこともできる」(27歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「常にストックしてある。使い道が多いため」(25歳/商社・卸/事務系専門職)





■番外編:水さえあればなんとかなる!

・春雨「スープなら何でも入れることができる。冬には鍋のしめに入れて食べていた」(27歳/商社・卸/専門職)

・ホットケーキミックス「水を足して焼くだけでも、それなりに食べられるものができるところがいい」(29歳/医療・福祉)

・乾燥わかめ「みそ汁のなかに乾燥わかめを入れれば、量も増えておなかが落ち着きます」(25歳/情報・IT/技術職)





総評

1位は「インスタントラーメン」でした。おなかがすいてすぐに食べたいとき、お湯を注ぐだけ、というのは助かります! 同率1位には「ツナ缶詰」がランクイン。そのままでも食べられるし、和食にもパスタにも使えますよね。





2位の「レトルトカレー」は、冷凍ごはんをチンして合わせれば、一食完成です。3位「パスタ」、4位「冷凍うどん」は、ごはんを炊くのも面倒なときや、時間がないときの必需品。サッと使える主食系の食材も、買い置きしておくと便利です。冷蔵庫に余っている食材と合わせるだけでも、立派な一食になりますね。





5位の「トマト缶詰」は、肉や野菜を煮込むだけで、煮込み料理やスープのできあがり。簡単だけどおしゃれな一品ができあがるので、急な来客にも対応できます。





缶詰など、長期保存ができるものは、電気が使えなくなったときでも食べられるものが多いですよね。いざというときのためにも、いくつか買い置きしておいてはいかがでしょうか。

(文・OFFICE-SANGA 澤田千春)





調査時期:2012年4月26日〜2012年5月9日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性512名

調査方法:インターネットログイン式アンケート