あの日本の風物詩とジェンガを絶妙にミックスした『恐怖ジェンガ』が登場

写真拡大





本格的な夏が目前に迫り、すでに旅行や帰省、キャンプなどの計画を立てている方も多いことだろう。そんなイベントの際、移動中や宿泊先などでワイワイ楽しむためには、誰もが気軽に即参加できるお馴染みの定番ゲームが必須アイテムである。



そこで、あの有名なバランスゲーム“ジェンガ”にもうひと工夫を加えた最新版、その名も『恐怖ジェンガ』が6月30日(土)にタカラトミーから発売されるので、ここで紹介しよう。



言わずもがな、ジェンガはイギリスで登場以来、アメリカ、ヨーロッパ、アジア各国など世界中で愛され続けているバランスゲームの超ロングセラー。ブロックを互い違いに組み上げた塔の中から1本ずつブロックを抜いて上に乗せていき、塔を崩してしまった人が負けという非常にシンプルなゲームである。



そして、このたび発売される『恐怖ジェンガ』は、そんなシンプルなルールに日本の風物詩「怪談」をテーマにプラスした斬新な一品。昨今、怪談はテレビや映画、書籍から、某芸人の語りに至るまで数多くの場面に登場し、季節を問わず幅広い世代に支持され盛り上がりを見せているが、一体どのようにバランスゲームとミックスされているのだろうか?



まず、ブロックは恐怖をイメージした赤系の配色。そして表面には「お題ブロック」「指令ブロック」「おみくじブロック」という3種類の印字が施されており、それぞれに従い怪談話を読み上げたり指令を実行する、という仕組みだ。しかし「怪談」といっても、シャレにならないほど恐ろしいものではないのでご安心を。昔、友達や家族から聞いたことがあるような都市伝説や伝承など、いわゆる「プチ怖話」が満載で、ゲームを進めるうちに思わずプレイヤー同士で話が弾んでしまう……といった内容だ。



もちろん夏休みシーズンだけでなく、年末年始のパーティ・シーンでもコミュニケーション・ツールとして大活躍するであろう、この『恐怖ジェンガ』。ブロックが崩れそうなハラハラ感と、怪談話によるドキドキの連続、そんな“2倍の恐怖”を思う存分味わってみてはいかがだろう。



なお、タカラトミーのジェンガサイトでは「おみくじボックス」で使える「恐怖のおみくじ」が追加配信される予定になっており、ダウンロードすればゲームを120%遊びつくすことが出来るぞ!



【関連リンク】

恐怖ジェンガ オフィシャル・サイト

http://www.takaratomy.co.jp/products/jenga/