メルセデス・ベンツ「Mクラス」新世代エンジン搭載などフルモデルチェンジ

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本はこのほど、プレミアムSUVの「Mクラス」を7年ぶりにフルモデルチェンジし、発売した。

動力性能と環境性能を両立した新世代のガソリンエンジン、ディーゼルエンジンの搭載が大きな特徴となる。

新型「Mクラス」のエクステリアはワイルドなオフロードイメージを残しつつ、きわめて洗練されたものとなった。

大型のラジエーターグリルとヘッドライトに、まつ毛のように配されたLEDポジションライトが特徴だ。

搭載されるエンジンはガソリンが3.5リットルV型6気筒直噴エンジン。

最高出力は306PSで、従来より34PSパワーアップしている。

ディーゼルは3.0リットルV6直噴ターボディーゼルエンジン。

最高出力は258PSで従来より47PSパワーアップしている。

このように大幅なパワーアップを果たしながら、燃費は従来モデル比で最大42%も低減しているという。

駆動システムや足回りも大幅に進化しており、走行状況に応じてショックアブソーバー内のオイル流量を変化させるセレクティブダンピングシステムを採用。

フルタイム4輪駆動機構「4MATIC」に、4輪それぞれのブレーキやエンジン出力を制御し走行安定性を高める4ESPを備えている。

価格はガソリンエンジン搭載の「ML 350 4MATIC BlueEFFICIENCY」が750万円、ディーゼルエンジン搭載の「ML 350 BlueTEC 4MATIC」が790万円、V型8気筒ガソリンエンジンを搭載した「ML 63 AMG」が1,490万円。